「映画 アバター(AVATAR)を見てきた」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「映画 アバター(AVATAR)を見てきた」インフルエンザ予防している人少なかったです。
新年一発目の映画みてきました。
Takumaです。
 

【アバター】
地球上での戦争で負傷して下半身不随になった元海兵隊員。彼は衛星パンドラでの作戦アバター・プロジェクトの参加者に選ばれる。このプロジェクトに参加して無事に地球に戻れば、高額の報酬とともに足も治してもらえるというものだった。ジェイクはパンドラへ向かうことを決意が・・・ (by ウィキペディア)
 

というわけで、見てきました。

映画「アバター」オフィシャルサイト

クリスマス上映に特攻かける気にはならず、年をまたいでとなりましたが。

混んでましたよ、いまだに。なんでってぐらいにw
ちなみに予告編(トレーラー)が以下。

というわけで、一部ネタバレです。

■世界観描写クオリティがすごい■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ジェームズ・キャメロンによる3D映画である本作。
構想14年、製作に4年以上の歳月を費やして完成させた超話題作です。

どんだけ力作なんですか!?っという感じなのですが。。。

注目の点を挙げるとしたら、
(1)3D上映:3Dメガネを映画館でつけて映画を楽しめる。
⇒画面から飛び出て見えるが、映画館のスクリーンに写らない領域がバッサリないので違和感が残りました。
とはいえ、この上映方法を大々的にやるのだから、それだけで賞賛されるべきでしょう!!

もう一度いくなら、2D上映をみたい。(←DVDでいいか?)

(2)CGで描画されたキャラクターや世界観
映画に行く前に、設定で書かれるイラストとかを立ち読みしてましたが、予想以上でした。
風景やキャラクターやパンドラに住む動植物の表現がうまいこと。

この星で描かれる夜の世界の描写の色彩がとっても美しいです。とっても幻想的。

しいて一点なんくせをつけるなら・・・
ナヴィ族の描画が多いから気になったのかわかりませんが、「表情が微妙にこわばっている」感じがしました。
(※髪の毛とかの描画に違和感がなかったのが、すごい←違和感でにくい髪型にしているかもしれんが)
それにしても3Dでここまで出来る時代になったんだと思わされる作品です。

(3)ナヴィ語
キャメロン監督は2006年1月から4月まで、南カリフォルニア大学のマネジメント・コミュニケーション・センターの言語学者およびディレクターであるポール・フロマーとともに、パンドラに住む異人種ナヴィのための言語や文化の開発を行ったそうです。設定にもこってますね。
現地民の一部のナヴィに英語を事前に教えてある設定ですが、日本語翻訳の片言日本語がちょっと微妙。

■やっぱり悪役は必要だよね。大佐!!■■■■■■■■■■■■■■■■■

海兵隊の大佐役、スティーヴン・ラングのキャラが非常に分かりやすい。
プロレスラーの悪役並みに分かりやすいキャラでした。

彼のキャラが民族問題や戦争や侵略等々の生臭さを無くしてくれてたといえるでしょう。

ウルトラマンベリアルに近いキャラ作りに吹きそうになりました。
(さすが、アメリカエンターテイメント!!)

大佐がいないと、子供はきっと退屈してたに違いない。
ありがとう大佐!!

■電脳社会ならぬ電脳の星■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アバターの星の動植物をはじめ惑星全体に張り巡らされたネットの総称がエイワ。
ほとんど神に近い存在として信じられており、ナヴィ族は、これとアクセスできるという設定。

生ける電脳社会ですね。電脳の星か。甲殻機動隊もビックリです。

エイワがナヴィ達の声にこたえた終盤あたり、
「不覚にも感動してしまいました。」

その後の、主人公が発言権を得る為にとった行動に
「えぇー、そんな簡単にナヴィは心を。。。開くの!?」

という、個人的にはビジュアルに心奪われた映画でした。

それにしても、他の映画のビジュアルが旧世代に見えてしまうようなクオリティ。
この映画は、別物だと他の映画を見る際(※予定してるのは、「かいじゅうたちのいるところ」)には、自分に言いきかせないといけないと思う、今日この頃です。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
Wonderwall
●んで、一言

台形の連続で幾何学模様のように配置された写真と解説文達。
ロールオーバーするとウニョっとこちらによってきます。3D要素を含んだFlashサイトです。

インタラクティブ性にとんだ動きが心地よく感じます。
2nd以降も台形の中の写真が自由に形を変えつつ動くスタンスは変わらずに、ここまで動くならFlashだよね!!
という気分にさせてくれます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

0 Comments

  1. it is really exciting to watch 3d movies. i hope that there would be 3d sexy movies too.’,`

  2. 3d movies are hard to come by but they are the coolest–’

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」