「照射方のプロジェクター入力インターフェース」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「照射方のプロジェクター入力インターフェース」プロジェクターってありますよね。
キーボードを照射したら面白いですよね。
Takumaです。
 

【プロジェクター】
映写機。光学的な投影装置の総称。テレビ放送やDVDなどのビデオ画像をスクリーンに拡大して投影・表示する機器。液晶プロジェクターやプロジェクションテレビなどがある。(by Yahoo!辞書)
 

近未来の入力デバイスについて、様々な試みが行なわれ多様な形となってきている昨今。

例えば・・・

有機ELのようなノート型ディスプレイに加えてキーボードまで
ディスプレイのように表示するようなインターフェース。

▼takumart.net:過去記事▼
「次世代マルチタッチインターフェース 10/GUI」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」in takumart.net

等が最近だとありましたが、またひとつの形が。

■入力インターフェースを照射するレーザープロジェクター■■■■■■■■

上記に挙げた「10/GUI」。
あくまで、ノートパソコン等のディスプレイ領域を広げて、そこに入力インターフェースを描写します。

しかし、持ち歩くのがそれでもカサバると思うなら、
こんなのはどうですか?

▼ピックアップサイト▼
照射画像をタッチ操作できるレーザープロジェクター Light Touch 

Light Blue Optics社のLight Touchはタッチ操作可能なレーザープロジェクター製品。
そうなんです。研究段階のものでなく製品なのです。しかも、マルチタッチ対応です。

好きな場所を10型・WVGA解像度(800 x 480)のタッチスクリーンにすることができます。
ある意味、照射領域が自由にできる分、その個別の場所の影響(照射場所に模様がある等)を受けやすいのは事実。

一方、この技術が持ち運び用でなく、固定の場所にあるとするなら、その問題点も軽減するはず。

デジタルサイレージがサービスで日常に現れ始めた昨今。
10年後のイメージとされて作られた下記の動画もさながら夢物語ではないように思う今日この頃です。

▼takumart.net:過去記事▼
「10年後は、どんな世界なのだろうか?」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」in takumart.net

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
世界1周雑貨バイヤー募集! – カラメル

●んで、一言

世界一周しながらバイヤーになって世界中の面白いものを買ってくるという企画。
しかも、旅費は運営元もちで100万円の収入は最低保証されます。
(現在、1次審査中らしいです。)

世界地図をモチーフにかわいいイラストが点在するデザイン。
加えて、各バイヤー候補の世界一周ルートと自己紹介等がうまくマッチしたコンテンツ。

みてるだけで、ワクワクしますね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」