「Googleの画像検索結果がホイール状にグルーピング:Google Image Swirl」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Googleの画像検索結果がホイール状にグルーピング:Google Image Swirl」Googleが新しい検索結果表示を発表しました。
まだラボなので実験中という位置づけですが。
Takumaです。
 

【Swirl】
1 ぐるぐる回ること、回転, 渦巻き。
2 (髪の)巻き毛;(帽子の)巻き飾り;渦巻き線[形]。
3 混乱;(船・魚などが作る)小さな渦。(Yahoo!辞書)
 

今回は、Googleの画像検索の新しいインターフェースとそれを支える最新技術についてです。
知っている限りつなげてみました。

▼takumart.net:過去記事▼
「情報のあり方を考え直すタイミングとgoogle:前半」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」in takumart.net
にて、紹介をしました「ワンダーホイール」。これは、キーワードの関連性をホイール状に並べるというインターフェースです。

これの画像版がこのたびラボでリリースされたとの事です。

▼ピックアップサイト▼
top

■どういうプロセスを経て出力されているのか?■■■■■■■■■■■■■

現行のGoogleの画像検索は、キーワードが基になって抽出されています。
しかも、クローリングされたものの中から該当してものは、一元的に表示します。

こんな感じ。

(Step.1)事前にクローリングされたサイトから画像と周辺のテキストやALT情報を保管。

(Step.2)ユーザーの検索キーワードに関連性の強い物を(過去の閲覧情報等もおそらく考慮)選定

(Step.3)大量に検索結果ページに吐き出す。

しかし、「Google Image Swirl」のすごいところは、その関連付けとビジュアル化にあると思います。
特に違うのは、「Step.2」以降。

(Step.1)事前にクローリングされたサイトから画像と周辺のテキストやALT情報を保管。

(Step.2)各画像の属性情報を紐付けて、詳細にその画像の内容を推理する。

(Step.3)ユーザーの検索キーワードに関連性の強い物を属性情報の強弱から判断してグルーピング

(Step.4)グルーピング結果を表層はFlashのインターフェースに吐き出す。

(Step.5)グルーピングのひとつを選択させて、その中の画像の関連性を含めて、中身を提示してくれる。

一件、手順が多くなっているが、現行の「山ほどの検索結果画像から」目的の画像を探す手間をだいぶ自動処理してくれている。
つまりは、人間が判断していた領域を簡単に行なった上で提示してくれていると考えられる。

しかし、このナビゲーションで気になったのは
・一度に提示できる画像数がまだすくない。
・関連性を判断している属性情報の関連性ロジックの精度が不十分だと逆に障害になりかねない。
という点。

一つ目はまだ実験段階なので実装する際には調整されるに違いない。
二つ目については、以下のような技術でクリアしようとしている。

ちなみに、この「属性情報の関連性ロジック」だが、表ベースにするとこんな形でも提示されている。
「Google Squaredがとうとう公開」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」in takumart.net

加えて、画像自体の整合認識も行なっている。
「googleが世界の名所を見分けちゃいます」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」in takumart.net

画像の周辺情報だけでなく、関連付けや画像自体の内容まで、理解し始めているのだ。

■熾烈になる画像検索のBingとGoogleのアプローチ合戦■■■■■■■■■■

というように画像検索に対して、そのニーズにたいするアプローチを幾つも施策とロジックで提示してきているGoogle。

▼takumart.net:過去記事▼
「Googleのイメージ検索がかわった」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」in takumart.net

よりシンプルに。合理的にという側面をアプローチしてきたGoogleに対して、
次世代的なライバル検索サイトであるBingも一歩先にシルバーライトで先手を打っていた経緯がある。

▼takumart.net:過去記事▼
「bingとGoogleの次世代画像検索アプローチ」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」in takumart.net

これらが、今後正式リリースとなりどれがメインで、どれがサブになるか。
今後のWEBサービスのデザインにおいて非常に興味があるジャンルです。

■参考記事■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

米グーグル、画像検索の新サービス「Image Swirl」を実験公開 国際ニュース : AFPBB News

Google、画像検索の結果をホイール状に表示する「Image Swirl」 – ITmedia News

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
TOYO KITCHEN STYLE|トーヨーキッチン&リビング株式会社

●んで、一言

トーヨーキッチンのスタイリッシュシステムキッチンのブランドサイト。
正直、キッチンとは思えないデザインと景観をしています。他にもリビング等もありますが。

写真がカッコイイ感じであるので、フルFlashではないもののビジュアルがうまく使われているデザインです。
比較的、紙にちかいレイアウトを非Flashでやっているので個人的には好きなサイトです。

画像の斜め切り配置かー。今度、マージンがいかせるサイトのデザインする時はやってみよっと。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」