「Twitterでエヴァキャラクターがつぶやく」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エヴァンゲリオン好きです。
Twitterやってます。
Takumaです。
 

【新世紀エヴァンゲリオン】
『新世紀エヴァンゲリオン』(しんせいきエヴァンゲリオン、Neon Genesis EVANGELION)は、日本の連続テレビアニメ作品。1995年10月4日から1996年3月27日まで全26話にわたりテレビ東京系列 (TXN) で放送された。(by ウィキペディア)

 

Twitterのような仕様で140文字程度の投稿をすることを「つぶやき」とか一般的にいってましたが、Twitterが自サービス上での「つぶやき」に新しい名前を付けたそうです。

▼ピックアップサイト▼
日本版Twitter、「つぶやき」から「ツイート」に 米国版と表記統一 – ITmedia News

「つぶやき」⇒「ツイート」
だそうです。ブランド化の一種でしょうね。

ということで本題。

■エヴァンゲリオンのキャラがツイート■■■■■■■■■■■■

なんか、いろいろ遊んでたらこんなのみっけた。

▼ピックアップサイト▼
碇シンジ (ikarisinji) on Twitter
まずは主人公。「6月6日生まれのふたご座です。得意なものはないけれど、料理が好きです。」とシンジくんらしい自己紹介。次に、

式波アスカ (sikinamiasuka) on Twitter

「新劇場版では散々な目にあった式波アスカよ。隔離されてる間、暇だからツイッターてのをやってみようと思うの。」と自己紹介。隔離中でもネルフはTwitterを許しているらしい。意外と理解のある組織?

真希波・マリ・イラストリアス (makinamimari) on Twitter

劇場版「破」での新キャラですが「人の身を捨ててこそ・・・浮かぶ瀬もある!なーんてにゃ♪」と自己紹介。なぜかフォローしてるのはアスカのみ。

というような、人がキャラになりきってやるようなタイプが一つ。

■エヴァンゲリオンのキャラbot ■■■■■■■■■■■■■■■

他にもこんなタイプがあります。

▼ピックアップサイト▼

葛城ミサト (misato_k) on Twitter

渚カヲル (kaoru_nagisa) on Twitter

仕組みとしては、

エヴァのキャラクターになりきって誰かに話しかけると、指定したキャラクターがあなたにつぶやき返してくれるコンテンツ。コンテンツのフォームに特定事項を入力送信するとTwitterにポストする仕組みだそうです。

詳細は、下記参照。

▼ピックアップサイト▼
エヴァつい

ちなみに、「@takumart そっか…苦手なのね、お父さんが。私と同じね。」と言われてしまった。ドキッとしたw

■エヴァンゲリオンのキャラbot ■■■■■■■■■■■■■■■

最近、スパム関連でTwitter業界をさわがしている「bot」しかし、こんなコンテンツならおもしろいのではないでしょうか?

▼ピックアップサイト▼
伊吹マヤ (Ibuki_jp) on Twitter
青葉シゲル (Aoba_jp) on Twitter
日向マコト (Hyuga_jp) on Twitter

仕組みとしては、

アニメでのセリフをランダムポストするというものと、拡張版(※リプライ版)として特定の正規表現に対して用意されているコメントを返す事も可能だそうです。

詳細は、下記参照。

▼ピックアップサイト▼
2009-10-25 – 陽を裂く木々の鳥

■まとめ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

キャラ系を利用したプロモーションや、コンテンツにしてしまっての集客等にはいいかもしれません。

ただ、人を雇ってつぶやかせるだけでなく、面白サービス化としてのTwitterの今後の展開利用に期待な今日この頃です。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
レゴ エデュケーション センター|レゴ社公式教室サイト

●んで、一言

レゴといえばブロック。小さい頃は情操教育として赤いバケツを丸ごと一個買ってもらい組み立てては崩してを繰り返してました。

レゴにオフィシャルの情操教育教室があるって知ってました?
年齢別(3歳~10歳)のレッスンになっていて、たとえば7・8歳のカリキュラムなら
・コミュニケーションスキル
・創造性スキル
・科学・テクノロジースキル
・数学的理解に関するスキル
だそうです。すげーなレゴ教室。

各所にレゴをあしらったサイトになっていて、全体的にはシンプルで信頼感を保ちつつパンチのある商材をうまいバランスでアクセントとして利用しています。

ちなみに、3歳時のカリキュラムには同年齢時にtakumaが得意だった、「人形の頭を食べる」というスキル習得はありませんでした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」