「感じるユーザーインターフェイスへ:後半」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先端IT技術の展覧会やってるそうです。
CEATEC JAPAN 2009ですね。
Takumaです。
 

【CEATEC JAPAN 2009】
アジア最大級の規模を誇る映像・情報・通信の国際展示会である。毎年10月に幕張メッセで開催されるCEATEC JAPANには国内および海外を代表するIT&エレクトロニクスの関連企業および団体が参加。時代の先端を行く最新技術や製品を発表、デモンストレーションする。(by ウィキペディア)

 

「CEATEC JAPAN 2009」関連ニュースのまとめ後半。(前半はモバイル関連でした)
今回は、モバイルよりももう少し広いテーマでインタフェース関連記事をピックアップしたいと思います。

▼ピックアップサイト▼
CEATEC JAPAN 2009

今回は、この中でもユーザーインターフェースに関連する中から気になった情報をまとめてみました。

■タッチするだけでデータが転送される広告■■■■■■■■■■■■■■■

▼参考サイト▼
タッチするだけで最大速度560Mbpsの高速転送ができる「TransferJet 対応ケータイ」実演デモ – GIGAZINE

紙等のポスター広告とモバイルデバイスの連携。「Transfer Jet」という技術が利用されているそうです。
USB2.0の最大速度480Mbpsを上回る560Mbpsで転送することが可能な新しい近接無線転送技術。

「Transfer Jet対応ケータイ」が必用とのことですがなんせ、無線ですからね。
(※実際は接触時にアプリをダウンロードしてから、動画をダウンロードして再生しているそうです。)

●ポスターにタッチすると携帯に動画が転送されます。

ちなみに「Transfer Jet対応PC」ではこんな感じのようです。

▼参考サイト▼
「TransferJet PC」に撮影した写真をタッチ操作で転送するとどれぐらい高速で快適なのかを体験してみた – GIGAZINE

●モバイルの写真データを対応PCに即時転送

やっぱりはえぇ。

■タッチするだけで人間がケーブル役になれる■■■■■■■■■■■■■■

次は、タッチでも間に人が入る通信モデル。

▼参考サイト▼
これであなたも人間通信ケーブルに、「人体」を使って通信する「電界通信」の実物を見てきました – GIGAZINE

今度は、モバイルデバイスと別の表示端末の間のケーブルの役割を人が担う技術。
「電界通信」というアルプス電気が開発中の技術だそうです。

●触るだけで情報が伝わる。
触れるだけで情報が伝わる:ニュースモーニングサテライト:テレビ東京

必用なモジュールはサイズは小さく、ボタン電池駆動が可能だそうです。
このモジュールを組み込んだデバイスを双方がもっていれば握手するだけで、メールアドレス交換完了も可能だそうです。

これが広まったら、名刺という習慣がなくなってしまうかもと思います。

■パソコン全体が画面で曲げてもOKなVAIO■■■■■■■■■■■■■■■

その他にもソニー系ですと。

▼参考サイト▼
上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」 – GIGAZINE

次世代のディスプレイとして期待されている高画質で低消費電力の「有機EL」。
これのまたまた次世代的にした曲げることができるようになった薄くて軽くて柔らかい「フレキシブル有機ELディスプレイ」が発表されているそうです。

電源が入っていないと、ただのプラスチックの板のようです。おそらく、ノーパソの形に近いのでキーボードもタッチパネルのように電源を入れると表示されう感じだと思います。
他にも、電子書籍端末「Reader」と腕時計型ウォークマン。同技術の利用で柔軟なインダストリアルデザインがされていますね。

■PS3でデジタルサイネージ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

つぎは、ゲーム機のPS3の登場です。

▼参考サイト▼
リアルタイムで人が炎上、PS3の処理能力を駆使した電子掲示板(デジタルサイネージ)が登場 – GIGAZINE

●リアルタイムで人が炎上、PS3の処理能力を駆使した電子掲示板(デジタルサイネージ)

あくまでここだと、エフェクト処理をオンタイムで行って表示しているようですが、しっかりと双方向性と顔認証が見て取れます。

■3Dでの立体映像に力をいれてる日立■■■■■■■■■■■■■■■■■■

次に日立系。

▼参考サイト▼
上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができ、特殊なメガネ不要の「フルパララックス立体ディスプレイ」 – GIGAZINE

●フルパララックス立体ディスプレイ

テーマパークや最近の映画ではやっている、SONYも関連技術を発表しているようですが。特殊なメガネをかけて3D映像を立体的に見せるのが一般的。
しかし、特殊なメガネをかけずに、上下左右どの方向からでも360度の立体映像を見ることができる「フルパララックス立体ディスプレイ」というものを日立がだしています。

画質という側面ですとまだまだですが、裸眼でいけるメリットは凄すぎます。
これ、デジタルサイネージで転用できるまで生産化が進んだら街を歩くだけで3D酔いするくらい、凄いことになりそうですね。

■リモコンはジェスチャーで■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

リモコンを使わずに人の身振り手振りでテレビの電源を入れたり、チャンネルを変えられるという技術。

▼参考サイト▼
人の体がリモコンになる:ニュースモーニングサテライト:テレビ東京

機能過多になっているテレビ周りのリモコン。センサー技術の精度をさらに高め5年以内に市販化したいとしています。
デジタルサイネージ系にも転用を構想しているらしく、「パナソニックや東芝」もオーバーアクションでなければいけないものの同様の技術を開発中とのことです。

■まとめ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

デジタルデバイスの機能増加により、各ジャンルでのリテラシー基盤がどんどん高度化する昨今。
日常生活にあり、人間であれば概ね共通して行なえるジェスチャーにて情報入力を行なう、感じる技術。

それの脇を固めていくケーブル不要な通信技術やインターフェースの改善。
そしてそれを表示するデバイスの形態を一新する技術たち。

この中から、「どれが残って」「どれが捨てられる」という事ではなく提供する会社は違えど、形は変われど数年後にはわれらの手元に届いてることでしょう。

これら、通信インフラやデバイスの確信に対して以下にデジタルコンテンツの開発サイドが親和性の高いアウトプットをして改善していけるか。
常に意識しながらイメージトレーニングをする事の必要性を感じた本特集でした。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
Genevieve Jones

●んで、一言

Genevieve Jonesというジュエリーブランドのサイト。

サイトの全体的なエフェクトテーマとして「万華鏡」のようなスタイルを徹底しています。
自動で模様が替わりながら、マウスの動きに連動して模様が替わります。

オブジェクトが登場する際のエフェクトまで、凝っています。
商品を並べてBGとしながら、表現にみせつつ商品を訴求する。

出てくる商品がブランド物でカッコイイからできる点もありますが、ちょっとひねったアプローチですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」