「2009解散総選挙のネットユーザー動向のまとめ」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2009解散総選挙のネットユーザー動向のまとめ」ネットユーザー
2009解散総選挙の時系列での検証です。
Takumaです。
 

【駆け込み】
1 走って中に入ること。「―乗車」
2 その時期・機会を逃すまいと、大急ぎですること。「―で認可を申請する」
3 駆け込み訴えをすること。
4 近世、女房が夫から離別するために尼寺や縁切り寺に逃げ込むこと。(by Yahoo!辞書)

 

▼takumart.net:過去記事▼
「2009解散総選挙のGoogle選挙コンテンツ」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」

「選挙まで、あと2日。マニフェストを一括チェック!!」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」

「公職選挙法とアクセス解析」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」

麻生首相が衆院の解散を意思表示した7月13日から投票日の8月30日までの間に様々な関係コンテンツがリリースされました。
国民的イベント(?)であり、20代以上のターゲットセグメントが国レベルで動く。

めったにないこの出来事のネットユーザー動向データが発表されました。
これぞ、ネット好きの日本人の傾向がわかるのでは!?

■投票日に駆け込み需要■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼参考サイト▼
ネットユーザーの反応が最大化するのは「投票日」 データで読み解く衆院選のネットユーザー動向:MarkeZine(マーケジン)

7月13日から投票日の8月30日まで、週別に衆院選関連サイト(「Yahoo!みんなの政治」「読売オンライン総選挙2009」など)、および政党サイトへのアクセス状況を集計したのが記事のグラフです。

ポイントは以下の通り。加えて、他の選挙関連の事柄も追記した。
(※単位:万人/衆:衆院選関連サイト/党:政党サイト)
(※★:重要イベント / ▲:前週比アップ / ▼:前週比ダウン)

■7月13週:□ 73.4(□衆:52.2 / □党:29.4)
★13日:自民党が、7月21日解散、8月30日総選挙の方針を決める。
・13日:「Google 未来を選ぼう 2009」サービス開始。

⇒takumaのぼやき:いち早くGoogleが選挙コンテンツを行うことを発表。


■7月20週:▲112.0(▲衆: 95.7 / ▼党:25.6)
★21日:衆議院解散

⇒takumaのぼやき:解散して、選挙熱がヒートアップする。


■7月27週:▼ 98.4(▲衆: 78.3 / ▲党:33.2)
★27日:鳩山由紀夫代表(民主党)に衆院選マニフェスト(選挙公約)を発表
★31日:麻生太郎首相(自民党)に衆院選マニフェスト(選挙公約)を発表

⇒takumaのぼやき:マニュフェストをみる為に政党サイトの訪問が増える。


■8月03週:▼ 89.1(▼衆: 72.3 / ▼党:23.4)

⇒takumaのぼやき:まだ2週間あるし・・・とクールダウン。


■8月10週:▲121.2(▲衆:102.7 / ▲党:34.8)
(政党出稿のPCインターネット広告:13,484万imps)
・政党のバナー広告出稿が本格化

⇒takumaのぼやき:あと1週間!!ラストスパートした広報に触発される。


■8月17週:▲209.7(▲衆:173.3 / ▲党:64.7)
(政党出稿のPCインターネット広告:21,999万imps)
・政党のバナー広告出稿が前週のおよそ2倍に
・“衆院選 or 選挙”の出現件数が増加
★18日:公示日

⇒takumaのぼやき:いい加減、メディアが選挙だらけになって本格的に調べる人が増加。


■8月24週:▲344.5(▲衆:309.7 / ▲党:76.1)
(政党出稿のPCインターネット広告:25,994万imps)

⇒takumaのぼやき:選挙が迫って、「比較系」や「解説系」のコンテンツにアクセス集中。
⇒takumaのぼやき:政党サイトは個別で見ても比べられないので、結局いかない。


■8月31日:開票終了

全体的に見ると・・・

(1)投票日に近づくと駆け込み需要が、あきらかにあった。

(2)大きな事柄から2週間あくと、クールダウンの傾向がある。

(3)政党サイトより、圧倒的に衆院選関連サイトがみられてる。

ちなみに、公示日以降の関連サイト訪問者の構成割合をみると・・・
男女比はほぼ7対3となっており、同期間のWeb接触者全体の男女比(55:45)にくらべて、男性の比率が高くなっていたそうだ。

政局の事柄と、メディアの動きと国民感情がぼんやり見える。

■takumart.netはどうだったのか■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

はずかしながら、当ブログの選挙コンテンツを検証。

・2009.07.14公開:「2009解散総選挙のGoogle選挙コンテンツ」
・2009.08.28公開:「選挙まで、あと2日。マニフェストを一括チェック!!」
※「公職選挙法とアクセス解析」は9月1日リリースなので除外
※画像の数値はPV数。全体的に少ないのはスルーで。

の本ブログコンテンツについても検証してみたが・・・
実は、前者の方が選挙前のアクセスの集積に貢献してたのが分かった。
(※駆け込み需要を狙った後者は失敗・・・複雑。)

この時期に検索上位クエリのキーワードで「google 選挙」で上位5位に食い込んでたのが大きいか。
ちなみに8月17週からの“衆院選 or 選挙”の出現件数が増加あたりから、アクセスが微妙に復活してる。

さすがネットユーザーのみなさんw
まー今回の検証については、もっと関連記事を作ってればよかったと若干反省。

最後に、海外での政治関連の「見える化」コンテンツのまとめがあったのでご紹介。

▼参考記事▼
デザインが優れている「政治の見える化」の現在 : could

次回の選挙に活かせたらいいかなと思う今日この頃です。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
サイバー犯罪者たちの告白 | TREND MICRO

●んで、一言
ウイルスソフトで有名なトレンドマイクロのコンセプトサイト。

ドラマ仕立てで、サイバー犯罪者の告白式に、ウイルス被害の感染までの経緯とリスクを紹介する。
ムービー自体の設定やセットは良くできていて、雰囲気作りはうまいのだけど・・・

キャラがたちすぎて、お笑いの人みたいにみえるが、ある意味見る気になったw
(※つけ髭して猫もっている犯罪者役の人。キャラ設定が意味わからんw)
いやー、面白い。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」