「ネットブックの利用状況と開発対応」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットブック増えてますよね。
でも、利用実態ってどんな感じ?
Takumaです。
 

【ネットブック】
ネットブック(英: Netbook)とは、ウェブサイトの閲覧や電子メール・チャットなどの基本的なインターネット上のサービスを利用することを主な用途とした、安価で小型軽量で簡便なノートパソコンのカテゴリーである。(by ウィキペディア)
 

近年、ハードの中でもその範囲を拡大し続けている、ネットブック(モバイルPC)。
その利用状況の調査結果が発表された。

今回は、利用実態と今までネットブックに対してのサイト開発アプローチについて結びつけて書こうと思います。
ネットブックの閲覧ユーザーにどのように向き合えばいいのか?

そんな感じですね。

■ネットに繋がなくてもネットブック■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ネットブックのスタンスといえば、ネット環境を中心とした他の基本機能を利用できる端末として耳にする事が多くなった。
実際にそのコンセプトに合わせて次世代OSの一端をになうクラウドOSの開発もこれを前提にしているものがある。

▼takumart.net「Google Chrome OSについてのまとめ」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/845

「Google Chrome OS」がそのひとつだが、2010年後半には搭載ネットブックが市場に登場する見込みだとしている。

しかし、日本市場においてユーザーの反応はまだまだのようだ。

▼モバイルPCをどのように使っていますか?▼
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0908/26/news048.html
(※日本エイサー調査:20歳~49歳のモバイルPCを所有する男女500人/調査期間:8月15日~16日)

ポイントをまとめてみよう。

(1)インターネットに接続していない/接続できない状態で利用しますか?
●「はい」:65.8%

その内、利用目的は?

⇒Word、Excel、PowerPointなどのソフトウェアの閲覧・入力・修正のため(80.2%)
⇒メモ帳代わりに使用するため(10.6%)
⇒保存されているデータ(音楽、映像など)やDVDを鑑賞するため(6.4%)
⇒時間つぶしにPCに入っているゲームを楽しむため」(1.8%)

(2)無線通信スポットをよく利用するか?
●そう思う(ややそう思う含む):48.5%

(3)ビジネス上、モバイルPCを高速インターネットに接続して自由に使えると便利だと思う場所

⇒第1位:カフェ(72.4%)
⇒第2位:新幹線(67.6%)
⇒第3位:駅のコンコース(46.2%)
⇒第4位:飛行機(42.6%)
⇒第5位:レストラン(39.6%)

その他にも、出典記事には「モバイルPCに要求される持久力」が紹介されている。

■ネットブックユーザーがネット好きとは限らない■■■■■■■■■■■■

やはり、衝撃的だったのは
ネット接続してなくてもネットブックを利用する人が「65.8%」にも上る点だ。
officeツールやメモ、音楽&映像やDVD鑑賞に当然なら利用されている。

店頭で「ネット契約」と抱き合わせで「100円」とかで提供されている現場を数多く見てきたtakumaとしては、よく考えれば当たり前だが、びっくりした。
近年、ネットブックユーザーは増加傾向にあるものの、必ずしもそれら全ての人がネット利用しているわけではないという見解をデータが見せてくれた。

過去に、ネットブックの台頭に対する開発アプローチについては以下をまとめたことがある。

▼takumart.net「リキッドレイアウトとAjaxの親和:前半」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/774

▼takumart.net「リキッドレイアウトとAjaxの親和:後半」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/776

Ajax等の処理が重いRIAコンテンツの実装に加え、特に「ウィンドウサイズ」については考慮が必要であると書いた。
1024×600が平均すると多い実態からすると、サイト設計時の注意は必要と。

ユーザーの閲覧環境にベストエフォードで対応する姿勢は開発現場に必用だと思う。
しかし、ネットブックに対する配慮やサービスに基づいた設計での考慮についてバランスを少々見直す必要はありそうだ。

が、今後の推移についても注意深く見守る必要があると思う今日この頃です。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼polo▼
http://central.volkswagen.com/etc/medialib/vwcms/virtualmaster/
cml/models/polo/polo_2009/webspecial/polo_me/

●んで、一言
海外のフォルクスワーゲンのPoloという車種のサイト。

有機的な光がメタリックに車に映りこむ幻想的なムービー。
非常にかっこいいわけですが・・・この映像上で車サイトでよくあるカスタマイズイメージができちゃいます。
視点もインタラクティブに変えられるので、ただの動画再生ではないのです。

ムービーをうまく繋ぎ合わせているだけのようにも思いますが、これをうまくシームレスに繋げた開発者の苦労が見えます。
ここまでやられると、車のブランドイメージもあがりますよね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」