「IE6延命の賛否両論」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IE7もだいぶ定着しましたが、
IE6がまだまだしぶといですね。
Takumaです。
 

【IE】
Internet Explorer (インターネット エクスプローラ)は、マイクロソフトが開発するウェブブラウザである。バージョン6まではMicrosoft Internet Explorer、バージョン7以降ではWindows Internet Explorerが正式名称となっている。略称にはIE、MSIEなどがある。(by ウィキペディア辞書)

開発者としては、独自のコードやjavascriptの理解で他のブラウザと違うアウトプットをすることが多い、IE6。まー、スキという評価は同僚からは聞きませんねw
FirefoxメインユーザーのTakumaです。

IE8もリリースされ、IE7がだいぶ定着しましたが・・・

▼takumart.net「IE8の登場とブラウザ戦争の進捗:2009年春」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/781

そして、ブラウザシェア

▼takumart.net「ブラウザシェアの進捗とデザイン時のフォント」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/835

4月のブラウザシェアでは(米調査会社Net Applications調べ)

・1位:IE ⇒ 66.07%(IE 7:44.54% / IE 6:17.48%)

・2位:Firefox ⇒ 22.50%(Firefox 3:20.27% / Firefox 2:1.808%)

・3位:Safari ⇒ 8.23%(Safari 3.2:4.30% / Safari 3.1:1.90%)

・4位:Chrome ⇒ 1.41%(Chrome 1.0:1.31%)

それにしても、IE6がまだまだシェアを持っている状態。
しかもアップデートをうながしてもIE6を利用している人は、それがやらないか、できない人が多い。どうしたものか・・・

■はっ!?サポートやめないの?■■■■■■■■■■■■■■■

Microsoftが同ブラウザのサポートをやめないとコメントしたそうです。

▼サポートやめない! Microsoft、「反IE6」の声にコメント▼
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/288616/

Microsoft側としては、OSに基本インストールされているものは、動く形を守るという姿勢らしいです。

その一方、こんな声も挙がっています。

▼「IE6はもういらない」――Web企業が撲滅キャンペーン▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/06/news031.html

Web企業が反IE6キャンペーン「IE6 No More」を立ち上げたという内容なのですが・・・
7月のIE6のシェアは27%ともこの中で述べられている。

YouTubeはIE6ユーザーに、ブラウザのアップグレードを促すメッセージを表示しているし、ソーシャルニュースサイトDiggも7月に、IE6サポートを終了したい意向を示したとの事。

あんまりユザビリの側面としてはよろしくないが、サービスクオリティを促進させる一つの選択肢として「IE6」を対象ブラウザから外すのも考えられる時代になってと考えられる。

■IE6の非対応フォローにはどんな方法が? ■■■■■■■■■■

上記の記事と関連なるのがこのサイト。

▼IE6 No More – Home▼
http://www.ie6nomore.com/
コードを貼り付けるだけで、「IE6 No Moreと推奨ブラウザ」のイメージを出してくれる。

アクセスをブロックや、CSSハックのアウトプットサービス等もあります。

▼IE6のアップデートを促してくれたり、アクセスブロックしたりする物まとめ▼
http://phpspot.org/blog/archives/2009/08/ie6.html

▼サイトのIE6対応を補助してくれる「ie6fixer」▼
http://phpspot.org/blog/archives/2009/04/ie6ie6fixer.html

RIAとか、主要サービスに影響が少ない場合はIE6もフォローすべきだとは思いますが、ブラウザのこのような問題は、これからも続くんでしょうね。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ルオとルコ▼
http://allnew6.com/

●んで、一言

新宿マルイのプロモーション?イメージサイトかな?

ネット小説風アプローチで、小さなミニチュア人形を中心にトイカメラでとったようなテイストの写真をコマ送りにした映像アプローチをしている。

BGMも奇妙な雰囲気ながらオルゴールを回している感じである。
結構、話ながいですw

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」