「HTML5についてのメモが溜まってきた」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML4での進化ストップといわれた数年後の
現在、HTML5を耳にするようになりました。
Takumaです。
 

【HTML5】
HTML 5(エイチティーエムエル・ファイブ)は、HTMLの5回目に当たる大幅な改定版である。XMLの文法で記述する場合、XHTML 5と呼ばれる。

HTML 5は、WHATWGによって2004年に定められたWeb Applications 1.0に、Web Forms 2.0を取り入れたものがW3Cの専門委員会に採用され、W3Cより2008年1月22日にドラフト(草案)が発表された。(by ウィキペディア)

 

JOBでのコーディングから身を引いていながらも、
WEBディレクター/アーキテクト/デザイナーという職務上、最新動向を追っております。Takumaです。

以前、HTML5の概要をまとめましたが・・・

▼takumart.net「次世代マークアップHTML5って?」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/696

HTML5、実装にはまだまだかかるといわているこの仕様。
今年の10月頃に最終草案が提出されると予想されているそうです。

ちなみにHTML5以降のHTMLは、その時々の市場の需要を徐々に取り込みつつ、絶えず仕様をメンテナンスし続けていく規格らしいです。
つまりは、拡張タグやXMLで汎用性を確保したものの、恒久性のあるHTMLの開発は事実上不可能とはんだんしたのでしょうか?

WEBの進化の早さゆえですよね。

にしても、いつ頃までに勉強を終えてればいいの?というのが正直な所。
HTMLの互換性表示を担うブラウザ。それの進捗と組み合わせたサイト等、過去のメモもたまってきたので。

ここで、まとめて書いちゃおうと思った次第です。

■ブラウザ対応はどうなの?■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Google Waveでの機能採用を示唆しているHTML5。

▼takumart.net「コミュニケーションを統合していくGoogle」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/807

近年、激戦化しているブラウザシェアの奪い合いだが、HTML5の対応状況(近々のバージョンアップ含む)をまとめているサイトが下記。

▼When can I use…▼
http://a.deveria.com/caniuse/

んで、解説しているブロガーさんの記事が下記。

▼HTML5/CSS3は最新Webブラウザでどれだけ実装が進んでいるか?▼
http://www.publickey.jp/blog/09/html5css3web.html

機能別に探っていくと・・・
(ブラウザ対象:IE / Firefox / Safari / Chrome / Opera)

(1)Canvas :Webブラウザ上に自由にグラフィックを描画できる
⇒現在ならFlashやGifアニメ/Ajaxで拡張実装しているものが基本実装できますね。

●機能サンプル
・JavaScriptで図形を描くHTML要素「Canvas」の実例(外部サイト)
・HTML Canvasの3D対応への道を探る(外部サイト)

●ポイント
・Internet Explorer:ver6~8未実装/9実装予定。
・それ以外は、実装済み。

(2)Web Storage :クッキー強力版、名前と値をペアにした情報を複数保存可
⇒クラウドで、各サイトのブラウザ内で扱える情報を拡張できるといった感じでしょうか。

●機能サンプル
・5分で把握するHTML5 – Google Developer Dayセッションリポート(外部サイト)

●ポイント
・Internet Explorer 8、Firefox 3.5、Safari 4で実装済み。
・Chromeは2.xで実装予定、Operaは次の10で実装するかどうか不明。

(3)Offline Web Applications :オフラインでのWebアプリケーション実行機能
⇒現在グーグルからGearsという名称でChromeに内蔵され、また、Firefoxのアドオンなどとしても提供されています。

●機能サンプル
・そもそもGoogle Gearsって何?(外部サイト)
・新プラットフォーム戦争に備えよ。Google GearsはMicrosoftの利益を直撃する(外部サイト)

●ポイント
・Internet Explorerは9での実装予定は不明。
・ChromeはバンドルされているGearsでほぼ同様の機能(※同様機能ではない。)
・Firefox 3.5とSafari 4は実装済み。Operaの実装予定は不明。

(4)Audio/Video:プラグインを必要とせずWebブラウザのみで音声や動画再生を可能にする機能

●機能サンプル
・そもそもGoogle Gearsって何?(外部サイト)
・新プラットフォーム戦争に備えよ。Google GearsはMicrosoftの利益を直撃する(外部サイト)

●ポイント
・Internet Explorer 8で未実装。9では実装未定のようです。
・ChromeはVideoタグは実装してもAudioタグの実装はしない。
・Firefox3.5/Safari3.2以降で両サポート。
・Operaの両サポートはバージョンの10から

たしかに、平行してCSS3、JavaScript 2.0の動きもあります。
WEBはHTMLだけで完結しませんし。font等の幾つかの指定についてはCSSに移行させるとの事です。

それについての詳細は、専門家さんのブログに譲って・・・

▼いま起きているWeb標準の進化、HTML5、CSS3、JavaScript 2.0▼
http://www.publickey.jp/blog/09/webhtml5css3javascript_20.html

■いつごろ勧告させるの?■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼HTML5の設計原則▼
http://withd.jp/web/tips/standard/4252.html

HTML5の勧告は・・・

勧告前に複数の実装がテストケースをパスすることが必要である点からも2022年という説がありつつ、2010年末の完了等、色々な説があるようです。

それにしても、IEがシェアをまだまだ持っている昨今。
(※シェアについては下記を参照)

▼takumart.net「ブラウザシェアの進捗とデザイン時のフォント」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/835

開発現場での本格仕様実装がいつになるかは、まだまだ謎ですよね。
GoogleWaveやChromeの登場により、クラウド化に進んでいる今日において、ブラウザの役割は多様化しています。

もう、どんだけ勉強やりまくればいいんだ!!と思う今日この頃です。

■参考文献■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼HTML5の特徴(前編)▼
http://withd.jp/web/tips/standard/3947.html?page=1
⇒HTML5で実装される文書の構造の細分明確化に関わるブロック要素の解説。
⇒これらの遵守すると、配信要素別で「タイトルとコメントだけみたい」とかカスタマイズした構成で情報が取得できるそうです。

▼HTML5の特徴(中編)▼
http://withd.jp/web/tips/standard/4056.html
⇒年月日指定(time)のルビ指定(ruby)について。時間指定が厳しいサービスとかだとポイントになりそうですね。

▼HTML5の特徴(後編)▼
http://withd.jp/web/tips/standard/4155.html
⇒図表(figure)のキャプション指定(legend)について。一つの画像ファイルに複数の要素がある場合に複数のキャプションをグルーピングできるそうです。

▼HTML5の実践▼
http://withd.jp/web/tips/standard/3834.html
⇒ベーシックコードでの実装サンプルとその解説。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼血管に注意。チェック!LH ウェブサイト▼
http://www.check-lh.com/

●んで、一言

知ってるようで知らないコレステロールの真実と恐怖についての薬品会社のキャンペーンサイト。
二社協力のサイトだけあって、よくできています。

欠陥を横から半分にしたようなビジュアルの中に、流れる赤血球や白血球のように、次のぺーじの図や文字が流れていきます。
そして・・・つまるw。

コレステロールこえー・・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」