「ターミネーター4をみてきました」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ターミネーター4をみてきました」ターミネーター2好きです。
3は微妙でしたが・・・
Takumaです。
 

【ターミネーター4】
前三作が、未来の殺人ロボット・ターミネーターが現代にタイムトラベルしてくる筋書きだったのに対して、本作ではこれまで断片的にのみ語られていた、核戦争後の世界で生き残った人類とそれを絶滅せんとするスカイネット率いる機械軍との全面戦争が描かれている。キャッチコピーは「どこで誰が、未来を変えたのか?」。(by ウィキペッディア辞書)

さてさて、話題の公開(6月13日)から、かなり経ちましたが、いまさら「ターミネーター4」を見てきました。

▼ターミネーター4▼
http://www.sonypictures.jp/movies/terminatorsalvation/

■ターミネーターの世界が面白かった■■■■■■■■■■■■■■■■■■

感想としては、けっこう面白かったです。
(T2は、液体金属というマシーンがグニョグニョ迫ってくるのがスリリングで楽しかったw)

ジョン・コナーがオトナになっていて、審判の日以後の世界が始めて描かれたわけですが。
人間とマシーン。その本質的な違いについて哲学チックな内容も含まれています。

いろんな目的によって、マシーンが開発されていて、その各デザインがかっこよかったです。

(特にバイク。乗れるの!?って感じw)
(あと、人型モデルの指揮中枢が頭にある点、ちょっと違和感があるけどw)

T-800(シュワちゃんモデル)の製造工程や、ジョン・コナーの父親(兼、部下)のカイルとの出会い。
あー。1~3のあの出来事の元はこれだったのね!!

が満載です。

■シュワちゃんもでてきたよ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ネタばれになるので、あんまり詳細にはいいませんが・・・ヌードでした。
(※カナダのボディービルダー、ローランド・キッキンジャーさんの肉体に、シリーズ第1作目のシュワちゃんの顔を合わせたCGでの出演となっている)
若かりし日のシュワちゃんた。登場したら・・・あら・・・もう!?

って感じでしたw

ちなみに、ターミネーター5の制作準備(2011年予定)もはじまってるらしいです。
次回が楽しみだ・・・ジョン・コナーはどうなるのかしら。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ISOLATION UNIT / TERUHIRO YANAGIHARA▼
http://www.isolationunit.info/

●んで、一言

プロダクト/空間デザインをしているTERUHIRO YANAGIHARAさんのサイト。

面白いのは、TOP。アマゾンでブラウザの横サイズに合わせてオブジェクトの表示件数を変更するAjaxがありましたが、その見せ方をスタイリッシュにFlashでしています。
動きのツメがしっかりされていてカッコイイ。トップでのオブジェクトベースの見せ方で世界観を伝える、いい参考サイトではないでしょうか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

0 Comments

  1. Pingback: soramove

  2. Pingback: GoogleとMicrosoftの意図を推し量ってみる (その1) | Describe the World

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」