「WEBサイトの移り変わりin 現在・過去・海外」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資生堂ウェブサイト13年の歩み」設計は用件によって形が千差万別。
デザインも与えたい印象によって千差万別。
Takumaです。
 

【WEB:ワールドワイドウェブ】
インターネットで標準的に用いられる情報提供システムの一つ。データ転送プロトコルのHTTP、情報資源の所在を指定するURL、マークアップ言語のHTMLなどの基本技術で構成される。WWW。ウェブ。(by Yahoo!辞書)

最近、会社であたらしいアシスタントさんができて
「コンテンツ企画&設計からデザイン」を強みにしていきたい!!
と、ないすガッツな訳でして。

「茨の道をゆくのか君も!!」ならこれを見とけ!!的に
設計とデザインとその元のコンテンツ(UI改善がメインか?)企画の
関連記事をまとめてみました。

「現在」⇒「過去」⇒なぜか「海外」でお送りします。

■現在:最近のリニューアル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最近のサイトリニューアルについて面白い記事があったのでご紹介。

▼Webデザイン劇的ビフォーアフター09年春版▼
http://ascii.jp/elem/000/000/414/414388/

MSN/ウーマンエキサイト/毎日jp/Number Web/佐川急便/ACCS/ペットファースト.jp
の2009年春のリニューアルについて、

「リニューアル概要(ディレクター)」⇒「施策解説(ディレクター/設計者)」⇒「機能紹介(デザイナー&コーダー)」
が紹介されている、非常に幅広いWEBクリエイターの皆さんが、勉強になるコンテンツになっています。

気になった点としては、
(1)「毎日jp」の2カラムから4カラムレイアウト変更。
⇒4カラムという概念がでてくる時代になってきたという点。

(2)「ウーマンエキサイト」のアクセスできるカテゴリーを、従来の15項目から24項目に
⇒7~8が限界といわれているグローバルナビの常識を圧倒的な物量で打破するデザイン&設計。
もう「圧倒的ではないか我が軍は!」って感じですよね。(←ちがう)

(3)「ペットファースト.jp」の犬用・猫用商品とでサイトを完全分離
⇒ここまで大々的に構造を変えるのは、フルリニューアルなのですが、
この企画を通したディレクターの人は偉いとおもう。

■過去:昔からのサイトをみてみる■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ポータル系の情報中心サイトについては、以前Takumatでも扱った下記の記事をご覧アレ。

▼Takumart.net「gooは12年目の誕生日」▼
http://ascii.jp/elem/000/000/414/414388/

上記では、12年前からのgooのプレビューコンテンツを基にポータルサイトの進化の経緯を解説しています。

でも、ブランディング寄りのサイトじゃないなーというお客様。
こちらのコンテンツはいかがでしょうか?

▼資生堂ウェブサイト13年の歩み▼
http://www.shiseido.co.jp/10years_history/webarchive.htm

(※ちなみに本記事のキャプチャはこのサイト)
こちらは、13年(1995年から2008年)とgooコンテンツより1年分充実しています。
各時代の「ネット業界の出来事」とその時代の資生堂コンテンツ(主要ページのスクリーンショット)が紹介されています。

昔のサイトはこんなんだったよな・・・と思う反面。
技術やインフラの進化の過程で、どれだけサイトが形を変えてきたのか。

そして、これからも当然変わっていくだろうというのが見て取れます。
あはは・・・いくら勉強してもたりねえや・・・

■海外:海外のビフォアー アフターサイト■■■■■■■■■■■■■■■■

▼Flip My Design – Before and After Gallery▼
http://www.flipmydesign.com/index.php

数がとりあえずたくさんあります。修正前に関してはキャプチャのコピーライトをみれば分かります。
なんか、リニューアル後の方が断然ヒドイ例も見受けられますが、多くは、現代チックなデザインで内容も濃くなっているようです。

サイトの目的によって(一概に言えませんがw)リニューアル内容がどのように違うか。
念頭においてみてみると、結構パターンが見えてくるかもしれません。、

他にも、いろいろとデザインに関する海外ビフォー・アフターサイトが紹介されているサイトさんは下記。

▼見比べられるビフォー・アフターデザインいろいろ▼
http://www.designwalker.com/2008/11/makeover.html

■まとめ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このWEBとうジャンルがいかに短い期間で爆発的に進化したのか。
そして、そのスピードが依然変わらず続いていて、範囲も大きくなっている事。

そして、Takumaのブログ記事が日に日に長くなっている点。
(↑関係がそんなにない)

たいへんだけど・・・やっぱり楽しいよね。WEB。

■おまけリンク集■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼Takumart.net「WEBサイトを設計(ワイヤー)からみなおしてみる」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/765

▼Takumart.net「パナソニックデザインの50年とユビキタス」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/673

▼Takumart.net「サイトにみるユーザ特性と企画・設計・デザイン」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/564

▼Takumart.net「セキュリティとサイト設計」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/547

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼風とランディ▼
http://kazetora.jp/

●んで、一言

「甲子園駅」下車、徒歩3時間を有する場所にある
広告プロデュース会社(でいいのかな?)「風とバラッド」と兄弟会社「風とランディ」さんのオフィシャルサイト。

もう、アクセスについても上記のような感じだし。
打席順に「退屈」「常識」「不景気」等々
甲子園を模した、とりあえず「風とバラッド」がホームランしちゃうという事みたい。

うん。好きだ。こういうのw

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」