「bingをいじってみた:前半」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「bingをいじってみた:前半」MSN今まであんまり利用しませんでした。
bingというブランドを新しくリリースしました。
Takumaです。
 

【検索ポータル】
MSN(Microsoft Network、マイクロソフトネットワーク)は、マイクロソフトが運営するポータルサイトおよびインターネットサービスプロバイダである。(by ウィキペディア辞書)

Microsoft系列の検索エンジンといえば「MSN」ですよね。
これに加えて、新しい路線で「bing」という検索サービスを
6月2日にリリース(当初は6月3日という発表だったが)されたので、いじってみました。

▼bing▼
http://www.bing.com/

■概要:世界版各所で違いがあるようです■■■■■■■■■■■■■■■■

そうなんです。
米国版はプレビュー版、日本版はベータ版という位置づけのようで
(Live SearchやMSNサーチもすべてBingにリダイレクトされる)
日本版をいじってみましたが、特別目新しいく斬新なエクスペリエンス要因が見当たらなかったのです・・・

というわけで、このレポートは米国版をいじってる内容です。

■概要:コンセプトは「意思決定エンジン」■■■■■■■■■■■■■■■

たしかに、いままでの検索エンジンは「キーワードからサイトを結果表示する。」
又は、検索結果に「広告枠を設けて表示する」というスタンスでした。

以前、ブラウザからのアプローチですが「IE8」でも「アドオン」を通じて
提携会社とサービス連携を強くしていく方針を打ち出していた。

▼takumart.net「IE8の登場とブラウザ戦争の進捗:2009年春」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/781

今回は、提携という側面にも力をいれて「検索結果⇒商品レビュー⇒購入への誘引」を検索結果からサイト移動させずに完結させるもくろみがあるようだ。

例:欲しい商品を検索してみたけど、Bingなら検索結果で商品レビューがみれるんだ風
(Step.1)欲しい商品名。例として[Computers]と検索してみる。
(Step.2)左メニューに[Shopping]がでてくる。それをおすと・・・
(Step.3)商品とそのレビューが表示される。
(Step.4)提携会社各社の価格等の比較から、商品購入ステップへ

と、日本で言う「価格.com」のような流れが、検索エンジンからサイトジャンプせずに可能になっている。

まだ全ての商品というまで、対象カテゴリと情報量がないようだが
「ユーザーからの機能レビュー総計」や「各レビュー一覧」等まで統合されている。

つまりは、ユーザーレビューまで含めた比較までしてくれるので
「購入」の「意思決定」まで促す「エンジン」つまりは、「意思決定エンジン」といえるかもしれない。

インターフェースとしては?どのような目論見が見られるかを検証してみました。

■(1)3カラムスタイルになった■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いままでのサイト検索のインターフェーススタンダードを再整理した印象がつよいです。
ヘッターの構成要素はそれほど変わらないのですが、その下がかわりましたね。

(Point.1)3カラムスタイルになった
Yahoo!とGoogleは左カラムなしの2カラムスタイルをとっています。

これに対し「bing」は3カラムすたいるにして横幅としては、1100px前後まで広げることで恩恵がある(リキッド可変が付いてくる)作りになっています。
Yahoo!とGoogleに比べると気持ち広げてある印象です。

左カラムのアプローチが主に、「意思決定エンジン」としての選択肢を提供する枠になっているようです。
通常、左カラムは導線整理上セカンド以降なら「ヘッターの次か同じくらい重要な箇所」。

それだけ、ユーザーの行動選択を広げることに対し、積極的な姿勢を見せてるといえると思います。

というわけで、長文になったのでお約束の前後半。
次回は・・・
(2)関連項目/ワードの扱いが丁寧になった
(3)行動クロージングに積極的
(4)ビデオのサムネイル再生

の三本です。じゃ~んけ~ん・・・・・・・・なんでもないです。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼Pepsi Can Gallery▼
http://www.pepsigallery.com/

●んで、一言
ペプシのリデザイン版というかリブランディングをアピールするサイト。
近未来的な雰囲気の中で、新しい「缶」デザインの3Dレビュー/ロゴの歴史が
「yesterday:過去」「today:今日」で見ることができる。

にしても、シンプルモダンなデザインになったと思う。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

0 Comments

  1. ■参考文献の追加

    ▼「Googleユーザの55%がBingに乗り換え」?? – One News Page調査▼
    http://www.sem-r.com/09/20090608125030.html

    One News Pageというポータルの調査によると55%がGoogleからBingに乗り換える計画らしい。多すぎやしないか?

  2. ■参考文献の追加

    ▼マイクロソフトの新しい検索エンジン「Bing」、着実にシェアを獲得▼
    http://markezine.jp/article/detail/7576
    2009/06/18 17:50

    米調査会社comScoreの調査によると、Bingは順調に検索市場でシェアを獲得。6月第1週には検索シェアが10%割を超え、第2週には12.1パーセントまで増加している。

    ⇒MSNが挑戦したこの路線の采配がどうでるのかが楽しみ。

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」