「Googleニュースがいろいろ便利になってきてる」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iGoogle中毒者です。
googleニュースは、意外と使わないな・・・
Takumaです。
 

【ニュース】
1 新しく一般にはまだ知られていないできごとや情報。「―が入る」「ビッグ―」
2 新聞・ラジオ・テレビなどでの報道。「ローカル―」(Yahooo!辞書)

iGoogleのブログRSS登録が100ぐらいになって、まだ増殖中。Takumaです。
ヾ ノ’・∀・`) イラナイイラナイ

WEB業界は、WEBを商売にしているだけあって、WEB上にいい情報が結構転がってます。
んな感じで、どんどん登録数が多くなってしまってしまっています。

その中には・・・そうニュース系もあるわけですが。
(*´・д・)(・д・`*)ネー

Googleニュースは見ないのかって?見ないですね~あんまり。

■個人的な意見なのですが・・・■■■■■■■■■■■■■■

昔は使っていたがiGoogle使い始めたら自分でジャンル分けしてマニアックニュースが手に入れられるようになり、自然と見なくなったというわけ。

よく、
「RSS登録が増殖しすぎて、一般ニュースみてないな」
「お気に入りサイトばっかり見てて、毎日の情報源が固定されている」
「RSSを眺めて、見ようと思ったが忘れることが多い」
等々、Takuma以外の人からもこんな意見を耳にします。なら・・・

■ライブラリとして使ってみては?■■■■■■■■■■■■■

新聞のテレビ欄ってありますよね。(←Takumaは新聞のココしか読まないorz)
あんな感じで、時系列にニュースを並べて見せてくれるのがこのサービス。

▼Google News Timeline▼
http://newstimeline.googlelabs.com/

タイムライン(年-月-日-時等による時系列表)で過去のニュースを追えるから、
「自分が生まれた年には、どんな出来事があったのかしら?」とか
「最近、露出が多い芸能人はだれかしら?」とか
「TIME誌の表紙の移り変わりが見たい」
等で、使い捨てと思いがちのニュースが新しい形で楽しめる。

まー。問題点は、このサービスはまだ日本語版でな事かな・・・

ちなみに解説記事は以下から。

▼世の中の流れをニュースで時系列表示する「Google News Timeline」▼
hhttp://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/
2009/04/21/23220.html

▼Google News Timelineで過去のニュースを検索できる▼
http://jp.techcrunch.com/archives/20090420google-news-
timeline-offers-a-new-way-to-search-the-past/

■WEBニュースの強みに動画もあるよね■■■■■■■■■■■

▼Googleニュース、動画も統合▼
http://markezine.jp/article/detail/7080

▼Google ニュースに動画を統合して、デザインを新しくしました。▼
http://googlejapan.blogspot.com/2009/04/google_10.html

まだまだ、充実してるとはいえない物の、これから動画が増えていくようだ。
Youtubeを抱え込んでいる点から考えてもGoogleの新しいニュースアプローチに期待。

■それ以外にも色々と機能は用意してたり■■■■■■■■■

▼Googleで200年以上前のニュース検索が可能に(2006年9月)▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/07/news019.html
⇒過去の書物のデジタル化事業の一環ですよね。にしても200年って。

▼Google Newsで、話題の人のコメント検索が可能に(2008年4月)▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/19/news011.html
⇒オフィシャルとブログの間みたいなポジションで運用にコストがかかりそう。

▼Google Newsに「関係者コメント」機能(2007年8月)▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/09/news019.html
⇒炎上を避けるために、敷居はちょっと高めに。

▼Google Newsがローカルニュース対応に(2008年2月)▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/08/news019.html
⇒都市名や郵便番号を入れると、その地域のニュースをまとめて閲覧できるようになったようです。

転用例として。

▼Google Earthに「Google News」レイヤー登場(2008年5月)▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/22/news023.html
⇒こういうコンテンツや情報の連携をしてくるあたりが、Googleの恐ろしさですよね。

▼Google Newsの携帯版が米国で提供開始(2006年3月)▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/01/news028.html
⇒当然の流れですが、基のPC版を見るあたり移植しやすそうだ。

「ニュース統合」「ライブラリとしての拡張」がメインだった2008年以前。
それ以降は「one to one機能の充実」に力を入れているように見える。
そんな感じで、機能は着実に増えています。

まあ、先進サービスが日本でリリースされるには、時間がかかるのは事実。
加えて、設定とかが自動で行われないあたりの使いやさが、依然ネックな感じに思えます。

また、ちょこちょこ見始めようかしら。

■おまけ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼新聞系ニュースサイト利用者数1位は「毎日.jp」▼
http://markezine.jp/article/detail/6675

▼ニュースサイト人気No.1はダントツで「Yahoo!ニュース」、視聴率のピークは22時台▼
http://markezine.jp/article/detail/3626

▼「GoogleによるUAL株価暴落」で浮き彫りになったWeb巡回ボット問題▼
http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0809/12/news056.html

▼The New York Timesの簡易表示▼
http://www.reportpad.net/blogs/?p=617

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■

▼J文学▼
http://www.nhk.or.jp/jbungaku/

●んで、一言
海外目線から日本の文学のよさを再発見しようというNHK番組のサイト。
高級雑誌級の洗練された画面デザインとタイポグラフィに息を呑む。

別に、コンテンツが面白いとか企画がナイスというわけではない。
そう。日本語が凄くカッコヨク使われているサイトのいい見本だと思う。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」