「動画サイトは大丈夫なのか?:後半」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画サイトよく利用します。
WEB2.0モデルが不振といわれる中でどうなのだろう?
Takumaです。
 

【動画】
⇒連続的に見ると残像効果で動いているように見える、少しずつ変化させた一つながりの画像。映画・アニメーションやビデオカメラで撮影した映像など。(Yahooo!辞書)

最近多い、二部構成。さっそくですが・・・
まずは現在、広告媒体として不向きといわれる点のおさらいから。

(´_ゝ`)

■実際に儲からない要員って?■■■■■■■■■■■■■■■

▼動画サイトが広告収入での運営に不向きなわけ▼
http://hamkatsuya.blog104.fc2.com/blog-entry-169.html
に面白い記事が載っていた。

ポイントは以下の通りだ。

・滞在時間あたりの広告接触数が少ない
(1)動画は1コンテンツを消費するのに掛かる時間が平均してテキストコンテンツよりも長い
(2)ゆえに、滞在中に接する広告の本数が少ない
(3)収益を上げる機会が少ない⇒数字が上がらず広告主に犬猿されがち。

・動画内広告は1ユーザあたりの広告露出効率が悪い
(1)動画に組み込むタイプの広告表示は動画の開始と終了時の2回が一般的。
(2)ユーザ利用機会に対して、販売枠が少ない。(TVなら尺が長いから、CMを何回か打てるけど。)

・動画内広告は誘導力が弱い
(1)動画内広告はクライアントサイトへの誘導力が弱い。
(2)動画を観終わった後だと、広告主のへのサイトが張られてない例が多い。
(3)観る前だと再生中の動画を止めてまで、という気にはなれない。

・ページ内を視線が動きにくい
(1)テキストコンテンツであれば一度、読み残して、別をみて、読み直すがOK
(2)でも動画だと無理。

ふむふむ。勉強になるな~。(*´・д・)(・д・`*)ネー
って、良いとこなしだと?

■もう絶望的なのか!?■■■■■■■■■■■■■■■■■■

もう、ビジネスモデルとして崩壊しているかのように見える、動画サイト。
過去に例のない世界的景気の落ち込みもあって、ここ2,3年は広告収入の大幅な伸びは期待できないともいわれている。
実際に収益に繋がるには3~5年かかるという声も有る。

しかし、以下のような見方もある。(゚Д゚≡゚Д゚)

・「ヤフーが(USENの)『ギャオ』を事実上傘下に収めた。
 ↓(動画に対するニーズはある)
・ユーチューブも、さらにアクセスが増えて知名度が高まるかも。
 ↓(そうすると?)
・企業もキャンペーン型の広告を打ちやすくなる。
(広告収入モデルがやっと、黒字転換するってことか。)

つまりは、アクセス増加に備えて、設備などに対して『先払い』をしている状態とも見れる。

ほほー。実際に、クラウド技術等でランニングコストが将来的に改善されるかもだし。
「エンターテイメント」系が今後、明るいという意見も確かにあります。

▼Takumart.net:「クラウドというパラダイムシフト&戦争」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/748

■次の波はいつ来るのか!?■■■■■■■■■■■■■■■■

WEB2.0がという話題がとっくに下火になった今。
どうなるのだろうか・・・WEB3.0。

とうぜん、上記が軌道に載ってWEBビジネスが急激な伸びを見せれば
ティム・オライリーもWEB3.0の中にこの出来事を盛り込むだろう。

しかし、それもまだまだのようだ。

▼「Web3.0」という言葉はウィキペディア社会で禁止されているって知っている?▼
http://www.planbiz.info/blog/archives/20070202_014013.php

いつになるのだろうか・・・WEB3.0。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■

▼Chlorophyllo▼
http://www.chlorophyllo.fr/en/index.html

●んで、一言
海外のお菓子のサイト。メインキャッチは、マスクをかぶった上半身裸の男・・・キモ!?
レトロテイストのグラフィックだが、ローディング時になぜか、マスクの色を変えるスロットギミックが入っている。
「緑じゃないとダメだよ」と突っ込まれながら、ローディングをまつと・・・

なんか、海外のレトロでショッカーチックな基地に縛られて、しごかれている。
シュールでたまらない展開がまっているが・・・

キーボードを左右に二分して、ムービーの中で押させてポイントをとらせるシステムで意外と面白い。
是非やってみてはどうだろうかw
(※半角英数設定にしないと、先に進めない箇所があるので注意w)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」