「あなたの考えシミュレートされるかも。」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のアイデンティティは何?
就職面接対策で用意したりしませんでした?
Takumaです。
 

【シミュレート】
[名](スル)シミュレーションをすること。「ライバル店開業に伴う売上の変化を―する」。(by Yahoo!辞書)

そう。考ええ伝える事は、人にしか不可能である(?)
それを、アイデンティティーと人は呼び、個性ともいえるわけですよね。

古代哲学の人間はことばを語るものとして、「ロゴスをもつ動物(理性的動物)」と定義される。が・・・

■スパコンは「人間の脳」をシミュレーション可能?■■■

スーパーコンピューターはこのままでいくと2025年には人間の脳をシミュレーションできるようになるそうだ。

これまでもさまざまなスーパーコンピューターが作られ、膨大な計算が必要な研究に対してその演算能力を発揮し、人類の科学の発展に寄与してきたわけですが、このままスーパーコンピューターが順調に成長し続けると、どうやら2025年には人間の脳内にあるニューロンのシミュレーションさえ可能になるそうです。

(※宇宙の出来る仮定をスパコンで計算したりしたのを見たことあるが、人間の脳はもっと複雑なのか・・・)

▼2025年にはスーパーコンピューターが「人間の脳」をシミュレーション可能に?▼
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090315_supercomputer_power/

■後数年でどこまですごくなるの?■■■■■■■■■

1990年から近未来に至るまでのスーパーコンピューターの成長グラフ。

▼グラフ▼
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/e/d/ed6df7b1.jpg

2013年……人間の脳の機能をシミュレーションするのに必要な演算が可能に。

2025年……人間の脳の神経をシミュレーションするのに必要な演算が可能に。
との事。イメージ正直わかないがw

あとは、この基本情報に「国民性」や「ターゲットの思考傾向」とか数値化して(できるかわからんがw)追加すれば、最強のプレマーケティングツールの完成となるのでは?

将来はテストマーケすらもデスク上で完成?

とか、いってみるが・・・
「マトリックス的」なロボット(AI暴走)の危険性が意外とマジになってきたのでは?と思ってちょっとアンニュイな気分です。

■一部の友人向けの情報w■■■■■■■■■■■■■

しかし、一部のロボット少女熱望の友人達に朗報だ。
上記の「技術+アイデンティティ(傾向)数値」にある技術をたしてみよう。

▼産総研がついに美少女ロボットを開発▼
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1227347.html

▼人間に近い外観と動作性能を備えたロボットの開発に成功▼
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2009/pr20090316/pr20090316.html

どうだ!?・・・

ロボット美少女が恋人になってくれそうに無いが・・・
(※2ちゃんねるに「マルチはまだですか。」のコメントがあったw)

おれらの老後の介護には、間に合ってくれたらいいな。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■

▼Luke Buda – Special Surprise▼
http://www.specialsurprise.co.nz/

●んで、一言
ニュージーランドのミュージシャンらしい。
顔面の3D技術つかってるが・・・違和感がありつつも、世界観がとても幻想的。
国内ではNGになりそうな、チョイグロな演出もありつつ・・・それでもメイングラフィックはミュージシャンの顔写真で追い仕切るデザインセンスに感服です。

幻想的な空気表現のサンプルとしては最適ではないでしょうか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」