「SNSみて買い物する事ってあります?」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SNSみて買い物する事ってあります?」
SNS利用しています。
友達が聞いている曲とか良いなって思う事あります。
Takumaです。
 

【世代】
1 親から子、孫へと引き継がれるそれぞれの代。ふつう約30年を1世代または1代と数える。代(だい)。代(よ)。「息子の―になる」「―が変わる」
2 同時代に生まれ、共通した考え方と感じ方をもつ人々。ある年代層。ジェネレーション。「若い―」「―間の意識のずれ」
3 生物が母体を離れてから、成熟して生殖機能を終わるまでの期間。また、ほぼ同時期に出生した個体群。
4 同時期に存在し、同系統の様式である、機械類の型。「第二―コードレス電話」(by Yahoo!)

■SNSってドンだけつかってる?——————————-

▼3人に1人が SNS をきっかけにモノを購入▼
http://japan.internet.com/wmnews/20090225/8.html?rss
(by 20歳~34歳までの若者層のマーケティング調査機関である M1・F1総研)

SNS 利用者の3~4割が「週に1度以上」SNS を利用。
(※1割強は「ほぼ毎日」利用)

SNS 利用者が実際に使用する1か月あたりの小遣い額は3万9,963円と非利用者より高く、消費に積極的な傾向があるようだ。

ちなみにネットユーザー白書によると、下記のタイプに分けられるようだ。
(※2006年当時のデータに年齢+3してます)

・「電脳生活世代」 1985-1991 年生まれ(現在 18-24 歳)
義務教育の段階からパソコンが整備されており、高校生までにはブロードバンド環境を獲得した世代。新しいものをどんどん取り入れて変化のある生活を目指す。インターネットも趣味のひとつとして動画音楽やゲーム、コミュニケーション、自己表現の場として遊び倒す。

・「ネット娯楽世代」 1980-1984 年生まれ(現在 25-29 歳)
高校生までにインターネットを経験し、大学時代には様々なデジタル機器との接触があった世代。 SNS やブログ、チャット、メッセンジャーなどでの他者とのコミュニケーションを楽しむ。

・「つながり世代」 1975-1979 年生まれ(現在 30-34 歳)
高校卒業後、大学時代にネットや携帯電話と出会った世代。特に女性ではかつてのポケベルコミュニケーションと同様、常に誰かとつながっていることを重視する傾向があり、チャットやメッセンジャーでの直接的なコミュニケーションよりも、メール、ブログ、 SNS を用いて「つながり」を確認する。

■SNSをきっかけにモノやサービスを購入した経験?————-

SNS 利用者の3人に1人以上が、SNS をきっかけにモノやサービスを購入した経験があると回答したとの事。

実際のところ、購入単価の細かいデータが無いと本当に費用対効果が高いのかの判断は難しいけど、近い形の広告掲載をアフェリエイトブロガーに頼んでいた企業も近年のSEM傾向からして、あんまり前向きで無いかもしれない。

SNSがその広告掲載顧客まで囲っていくのだろうか?

■やっぱり、リピート顧客って大事よね————————

やっぱり、リピーターは重要なんですよね。
SNSが生活の一部になっていれば、利用者達は事実上のリピーターである。

そこで、掲載される広告。

それを基に、ブログ等を書くユーザー。

それを見たブロガーの友達。

ある意味、SNS範疇でサイクルができてしまう。

企業からすれば無料の広報(ブロガー)が、勝手にその人の顧客に営業してくれているようなものでして。リピーター獲得(ブロガーの友達)の施策まで、フローは無いにしろ勝手にしてくれていると同じ。

やっぱり、無料というのがスゴイですよね。
(※キッカケとなる初期広報料は各メディア掲載の際に必要ですが)

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■

▼ベイリーズ▼
http://www.baileys.co.jp/

●んで、一言
女性が結構すきと聞くタイプのお酒。
セカンド以降のマットな赤の質感が素敵です。

ターゲットを若い女性(25~30歳前後?)に絞ったサイトです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」