「拡張現実って何?」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現実世界この世界ですね。
ヴァーチャル世界ゲームでよくいます。
Takumaです。
 

【拡張現実】
拡張現実(かくちょうげんじつ)とは現実環境にコンピュータを用いて情報を付加提示する技術、および情報を付加提示された環境そのものを示す。英語表記はAugmented Reality 、省略形はAR。(by ウィキペディア)

昨日の夜。テレビ番組で聞いたキーワード「拡張現実」
既に、デスク上でバーチャルなキャラを展開させたりという、アキバ的な商品は耳に入っているかもしれないが、その先の展望について調べたことを今回の記事にしようと思います。

■拡張現実ってなにさ?————————————–

コンピューター・グラフィックスを利用して、現実環境(主に目に見える景色等)にバーチャルな付加情報を加えて提示するもの。

データを静的・視覚的に表現するものから、リアルタイムでユーザーに反応する視覚的表現へと進化している。

この定義だと映画に用いられる特殊効果の多くも、拡張現実の一種と考えられるようだ。

■見てみないとイメージわかないよね————————–

▼拡張現実のデモ▼

▼Augmented Reality by Hitlab▼

▼BMW augmented reality▼

▼Augmented Reality for Mobile▼

という訳で、何もない所に情報は乗っけられないので、
それを反映するディスプレイは少なくとも必要となる。

それを、「モニタ」にするか「ヘッドマウント ディスプレイ」にするか、「携帯」にするかという違いだ。

■これが街の情報と連動したらどうなるだろう?——————

そう。甲殻機動隊やその他のアニメや映画の世界は、まだ遠くても以下については、別に遠い未来のお話ではないのだ。

このような街との連動を「G空間」と呼ぶそうだ。
現実に、国も一応動いているそうで「G空間プロジェクト」を掲げ,「2013年までに全国レベルで3次元地図のデータベース構築を目指す」(経済産業省商務情報政策局の野口聡 情報プロジェクト室長)という形で動いている。

▼農林水産省/G空間行動プラン▼
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/gis/g_plan/index.html

実際にこのような特集も組まれている。

▼進化した地図・拡張現実(AR)が創り出す「G空間」▼
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090128/323713/

2013年には10兆円市場になるともいわれている。

■んで、WEB業界に関わりあるの?—————————–

つまりは、情報提供のフォーマットがWEBで無くなるという可能性とTakumaは思っている。別に、デスクに縛られる必要性がそもそも、ネットで有る以上ないのだ。

WEBという「器」には、それこそ「文字/画像/3D/映像/等々」なんでもゴザレなのだ。
(※近い将来、WEBという言葉すらなくなるかもしれない)

有る意味、商用デザイナーの一人である以上、自分が作るもののフォーマットについては知っとく必要があるし、パラダイムシフトが起きたときに、事前に新スタンダードを知っているといないとでは、結果が全然違ってくるだろう。

ますます、勉強が必要だ・・・

今まで「あったらいいのにな。ドラ○もん」といってた世界に「ナイナイナイ」といってた自分が恥ずかしくなってきた。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■

▼ReSOLA【リソラ】| 食べる「キレイ」をはじめよう。▼
http://www.resola.jp/index.html

●んで、一言
大塚製薬の「おかゆブランド」の情報サイト。
女性が好きそうなイラストを全面に使いながらも、よく見てみると情報設計がしっかりとしている。

デザイン優先の為、リキッドレイアウトに関しては割り切ったサイトだ。
(※+2までの対応はしてあるので十分では、あるが。)

イラストをこれだけフンダンに利用していても、HTMLベースのサイトは中々見ない。
貴重なサンプルになりそうなサイトである。

おかゆって「こんなに色々あるんだ」「おくが深いね」と思わされるサイトである。
リスペクト的ライフスタイル提案的アプローチのサンプルとして、今後もちょくちょく見ていきたい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

0 Comments

  1. 携帯での拡張現実のサービスデモとして記事があったのでメモ。

    セカイカメラの世界観–Air Tagging The RealWorld
    http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20380981,00.htm

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」