「画像自体に閲覧制御をかけられるApache」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブドアが最近
自社技術をガンガン公開してますね。
Takumaです。
 

【Apache】
Apache HTTP Server(アパッチ エイチティーティーピー サーバ)は、世界中でもっとも使われているWebサーバソフトウェアであり、大規模な商用サイトから自宅サーバまで幅広く利用されている。単にApacheとも称されている。

開発は、Apacheソフトウェア財団のApache HTTPサーバプロジェクトで行われている。Apacheライセンスの下でソースコードが公開および配布されており、代表的なオープンソース・ソフトウェアの一つである。(by ウィキペディア)

四捨五入して39度の熱を週末だして寝込んでました。
体がポカポカすることに若干ならぬ恐怖を抱いております。
Takumaです。

そんなわけで、更新してなかったけど許して。。。
さて、今回のお題は!?

■ライブドアが公表したApacheモジュール■———-

鮮やかな羽のモチーフでWEBプログラマの皆様ならおなじみのApache。

▼ライブドア、ファイル公開の有効期限を制御するApacheジュールを公開▼
http://markezine.jp/article/detail/6520

最近、ライブドアが自社技術をオープンにする事が増えている気がしてますが、では、どんな機能が実装されたのか?

■EDGE src■————————————–

今回オープンした「EDGE src(エッジ ソース)」では、これまでライブドアが公開してきた「sledge」「Fastladder」「スパムちゃんぷるー」「Cicindela」に加えて、新作「mod_access_token」を含む5つのラインナップがそろい、技術者や開発者向けにソースコードを提供する。

と記事中にありましたが、特に注目なのが
「mod_access_token」との事だ。

「モッドアクセストークン」と呼ぶらしいのだが、これがWEB設計者の皆さんにも他人事ではない技術だと思ったので掲載したしだいで。。。

■んで、mod_access_tokenって?■——————

公開したApache用モジュールは「mod_access_token」(モッドアクセストークン)。画像やファイルなどをWeb上で公開する際に有効期限を付けられ、Webアプリケーションと組み合わせれば公開範囲を制御できる。Google Code上でMIT Lisenseで配布する。

との事。概要自体は以下の記事を参照。

▼ライブドア、ファイル公開の有効期限を制御するApacheジュールを公開▼
http://markezine.jp/article/detail/6520

んで、開発者インタビュー記事がこちら

▼「いかに技術者の心に刺さるか」 ライブドア、自社サービスのソースコード公開を強化▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/09/news033.html

■使い方を考えてみた■—————————-

▼A機能:画像やファイルなどをWeb上で公開する際に有効期限を付けられる。

・著作権等にて利用期限が厳しい作家さんの画像とか。
(オークション系サイトとか?)

・賞味期限等で(時間で識別できる)販売がだめになるモノの画像
(システムで管理したほうがラクかもw)

・シークレットサイトとかでの予備プロテクトとして。

・キャンペーンものの配布画像(壁紙とか?)

▼B機能:Webアプリケーションと組み合わせれば公開範囲を制御できる

・SNSでの公開制限のオプション機能として

・IDやログイン等の導入はしたくないが、画像閲覧だけを制御したい画像
(恋人同士での画像のやりとりとか?親戚同士のとか?)

まあ、さくっと考え付いたものの・・・
Googleとかのキャッシュに対してどう影響するのかで、これを導入する必要があるかが、だいぶ変わる気がしますね。(かわらないのなら、CMSもってれば意味ないかもしれませんがw)

■おまけでw■————————————

はい最後に。色んなところに載ってたこのサイトが気になるんでしょw
ここですw

▼「いかに技術者の心に刺さるか」 ライブドア、自社サービスのソースコード公開を強化▼
http://labs.edge.jp/datasets/

べっべつにアンタのために(以下、略)!!

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■

▼MAX COFFEE▼
http://www.georgia.jp/max/

●んで、一言

知る人ぞ知る缶コーヒーのサイト。
そのレアさから、大量購入して自慢する大きなお友達を量産する魅惑の飲み物です。
(千葉や茨城で報告例をときどき聞きますが)

サイトとしては・・・

マックスコーヒーなんだから、濃くてあたりまえだ!!
(いや、これはこれでイイとかワルいとかいう問題ではないw)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」