「次世代マークアップHTML5って?」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーディング最近してませんね。
お仕事だと引退してしまいました。
Takumaです。
 

【HTML5】
HTML 5(エイチティーエムエル・ファイブ)は、HTMLの5回目に当たる大幅な改定版である。XMLの文法で記述する場合、XHTML 5と呼ばれる。

HTML 5は、WHATWGによって2004年に定められたWeb Applications 1.0に、Web Forms 2.0を取り入れたものがW3Cの専門委員会に採用され、W3Cより2008年1月22日にドラフト(草案)が発表された。(by ウィキペディア)

最近、コーディングというものをすっかりしなくなってしまいました><
(※コーディングのミス等を発見&修正くらいはディレクションでするがw)

数年前の「Tableコーディング&NOリキッドレイアウト」の時代とは、スタンダードシフトが完全に行われ、「フルCSS&外部javascript&CSS」が標準になりました。

まー以前から言われていたが、HTML5なんて代物まで次世代には投入が予定されている。

という事で、いろいろとコーディング形式について思い出し&予習をしてみる。

▼HTML4.1ってあったよね。————————
1997年12月18日W3C勧告としてHTML 4.0の仕様が発表されマイナーな修正が加えられたHTML 4.01は1999年12月24日にW3C勧告となった。まさにTakumaはこの時代のコーディング経験者です。

この際に「HTML 4.01をベースとしてXHTML 1.0」が策定されたとの事。

▼XHTMLってなんだっけ。—————————

Extensible HyperText Markup Language (エクステンシブル・ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ、XHTML,エックスエイチティーエムエル)

XHTMLは前述のとおりXMLアプリケーションともいえるらしい。XMLの文法に従うために、HTMLと異なる文法上の相違点があって、HTMLより記述仕様が厳格になっている。
例えば・・・

・XML宣言を追加する
(※< ?xml version=”1.0″ encoding=”Shift_JIS”?>って感じ)
・XMLでは大文字・小文字が厳密に区別される。
(※コード表記は基本小文字オンリーでそろえなければ)

・要素は必ず開始タグと終了タグを備えていなければならない。
(※4.01で閉じなくてもOKとされてたモノもNGでしたよね)

・空要素であっても必ず終了タグを付与するか、
もしくは開始タグの末尾を ” />” としなければならない。

・属性値はすべて ” ” (ダブルクォーテーション)ないし
‘ ‘(シングルクォーテーション)で囲まなければならない。

等々。XHTML 1.1が2001年5月31日に仕様が勧告となった。
ちなみにサンプルは以下を参照。

・XHTML 1.0へ移行する>HTMLとの違い(別サイト)
・HTML>HTMLとの相違点(別サイト)

ちなみに、文法を全て覚えてやるのが大変!!という方は、以下にとても厳しい文法チェックサイトがあるので使ってみてはいかだだろうか?

・Another HTML(別サイト)

▼ちなみに、W3Cの次世代なる策はHTML5————–

なんとなく、思い出してきたぞ!!
という一息つきたい気分だが・・・そうは問屋がおろさないらしい。

▼HTML5の実践▼
http://withd.jp/web/tips/standard/3834.html

そもそもHTML5とは?

HTML5は、W3CがHTML4に代わる次世代のHTMLとして策定を進めているHTML仕様との事だそうで・・・(※XMLの文法で記述する場合、XHTML 5と呼ばれる。)

▼HTML5って実際どこが今までと違うのさ————–

・HTML5で新たに追加された要素
(※section, article, header, footer, aside, nav, figure, dialog, meter, time…)

・画像やビデオなどに対応。インターフェース構築用APIも用意される
・属性の見直しと追加

ちなみに詳しい情報は以下に掲載。

・HTML5.JP(別サイト)

・HTML5 における HTML4 からの変更点(別サイト)

▼んで、現状どうすればいいの?——————–

Firefox, Opera, Safari, Google Chromeなどでは、過去のバージョンも含めて扱うことができるそうだ。

(※定義どおりにブラウザがわで理解/挙動はされない)
(※未知の要素に対してDOM操作を行ったり、CSSを適用することは可能な)
(※つまりは見た目上は正常にレンダリングされるとの事。)

IE6, IE7では、未知の要素の解釈がうまくできなく、ライブラリを組み込まないとおかしくなってしまうらしい。

つまりは、まだまだブラウザ側が対応できていないようだ。
実際の開発現場だとまだまだ、技術や実装要求されなさそうだが、クライアントに言われたときに、非実装理由を討論できるぐらいには情報収集していてもよいのかもしれない。
ちなみに以前、CSS3についても取り上げた。

▼Takumart.net:「CSS?Ajax?いや、まだ画像にしようか?このデザイン」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/461

お仕事で一線でコーディングするのはもう、おじさんには辛いよ・・・w

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■

▼蛯沢良介のポートフォリオサイト▼
http://www.1982st.net/index.html

●んで、一言
イラストレーターの蛯沢良介さんのサイト

▼怪盗プリン▼
http://www.kaitopurin.com/
んで、有名な方です。

上下にものすんごくスクロールするサイト。
その面(ベタのカラー)と空間の使い方がうまいと思いました。
代表的なイラストのテイストとマッチしてるしね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」