「テオ・ヤンセン展」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「テオ・ヤンセン展」立体造詣結構好きです。
動く造詣もっと好きです。。
Takumaです。
 

【テオ・ヤンセン】
テオ・ヤンセンは1948年、オランダのスヘーヴェニンゲンに生まれる。デルフト大学で物理学を学び、1975年に画家となる。1990年からアニマリ(ビーチアニマル)を作り始める。2006年には、彼の作品を使用したBMWのCMが南アフリカで放映された。(by オフィシャルサイトより)

先日、デザイン系友人の誘いで以下の展覧会に行ってきました。

▼テオ・ヤンセン展▼
http://www.hibiya-patio.jp/theo/

乳白のプラスチックチューブを骨格とした「ビースト」とよばれる、風力等を動力とした動作可能な骨格機構(?)の作品を作っている人です。

えーいもう、エガちゃん以来の「見て感じろ!!」じゃー

もういっちょ!!(機構の解説とシュミレーションは以下)

どうですかー。おもしろいでしょ!?

会場には触ってもOKなモノもありますので、
是非行ってみてはいかがでしょうか?

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■

▼ふくわらい▼
http://2009ye.jp/

●んで、一言
岡山県にあるデザイン事務所 株式会社ココノヱさんの2009年ハッピーニューイヤーサイト。

「福笑い」をモチーフにしたユーザ参加型WEBカメラ技術連携サイト。
人の顔を自動認識して、目と鼻と口と眉毛を切り取り。その部分を保管した上でバーチャル福笑いをさせて、元写真との整合率を点数化するようだ。

なんと、ランキング入賞者にはお年玉(肉とか)も貰えちゃったりする、がんばった企画ぶり。(※参加には同企業からの年賀状に添付されたIDが必要らしいがw)

世界観がグラフィカルで面白い。ハッピーニューイヤーサイトでこれだけのモノをやるわけだから、自社愛を感じられる素敵なサイトである。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」