「生態リコメンド広告」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レコメンド広告WEBでは一般的。
リアルでもSFでちょくちょく出てきますよね。
Takumaです。
 

【リコメンド】
 電子商店などで、ユーザの好みを分析し、各ユーザごとに興味のありそうな情報を選択して表示するサービスのこと。簡単なところでは、Webサイトで顧客層ごとに異なるトップメニューを用意することもリコメンデーションサービスの一種といえる。(by e-Words IT用語辞典)

マイノリティ・レポートにて目の網膜を認識して名前までコールして広告してくる光景がありましたが、そこまで個人認証がデータベースと連携してない形で実現しています。
(網膜認識ではありませんが。)

▼顔認識であなたに合った広告を――NECのデジタルサイネージ▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/11/news078.html

■概要——————————————-

 NECは、同社の技術やサービスを紹介するイベント「iEXPO 2008」(11月11~13日、東京国際フォーラム)で、顔認識技術を応用したデジタルサイネージ(電子看板)を展示している。カメラでとらえた顔画像から通行人の年齢や性別を判定し、それに応じた広告を表示するというものだ。

————————————————-

確かに、今のネットはバーチャル的なフィルタを通して情報のやり取りを行っていますが、リアルという環境でのレコメンドには様々な情報取得の方法がありますよね。

PCやモバイルにて簡単で多くの情報取得が可能なインフラが完成すれば、それに対するアプローチ方法もたくさん出てくると思います。

まー、マイノリティ・レポートのような個人情報の一元管理と商用利用には、かなり壁があるので困難かもしれませんが、これなら大丈夫ですよね~。

(「7割程度の確率で正答」という事は残り3割の人が間違えられる点。改善が期待されますよね。女性の場合は、正答に自信が無い場合。マイナス5歳~10歳するという設定を加えた方がいいかもw)

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」