「21世紀はじめの年。そのころWEBは・・・」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年学生でした。
2008年デザイナー、設計者、ディレクターです。
Takumaです。
 

【世紀】
1 《 century 》西暦で、100年を単位とする年代の数え方。キリスト生誕の年を基点として数える。20世紀は1901年から2000年まで。
2 ある、ひと続きの年月。時代。「科学の―」
3 (「世紀の」の形で)1世紀に一度しかないほどまれなこと。「―の大事件」「―のロマンス」(by Yahoo!辞書)

21世紀になってもう8年たちました。

ちょっと前に取り上げたGoogleの10周年キャンペーン
今度は21世紀最初の年。2001年当時のWEB検索可能なコンテンツが公開されています。
(※比較的、大手のサイトが中心にライブラリ保存されてるみたい。)

▼google search2001▼

http://www.google.com/search2001.html

さあ、気になるサイトを検索してみよう。
検索結果画面の各「 View old version on the Internet Archive」をクリック。

その当時のサイトが表示されます。

■Yahoo!
Yahoo!2001

http://web.archive.org/web/20011217200758/www.yahoo.com/

■Microsoft
Microsoft2001

http://web.archive.org/web/20011217200436/www.microsoft.com/

■Adobe
Adobe2001

http://web.archive.org/web/20011217182049/www.adobe.com/main.html

ううう。懐かしいな~(泣)

さてさて、クリエイターの皆様向けのちょっとマニアな楽しみ方はいかが?

■設計者の皆様。

当時のスタンダードサイズとファーストビューを身ながらニヤニヤしましょう。
加えて、当時の画像サイズや量。表層面の使用技術を見るともっとニヤニヤできます。
いや~7年で様変わりしましたよね~♪

■デザイナーの皆様。

Photoshop6.0の時代ですよ皆様w
当時は、回線系のインフラが整ってなかったのでカッコイイけど軽いサイトが要求されていた時代です。またFlashも5でしたが、本当に最終兵器的な印象でした。
(Adobeに吸収されてなかったから、Macromediaで検索してみてねw)

今は、ずいぶんマルチメディアかつインタラクティブなデザインが要求されるようになったのが、実感できると思います。ニヤニヤ。

■コーダーの皆様。

もう、近年コーダーになった皆様は国語の授業で漢文を見ている感覚に近いかもしれません。この頃、コーディングをTakumaもやってましたが、今とは別物です・・・

フレーム使い放題。テーブルレイアウト。CSSは内部記述。

ふふふ・・・当時からW3Cは現代の記述方法に近い形を推奨していたのですが・・・
ブラウザを出していた各社の仕様が千差万別で事実上できなかったのですよ。

もう、今回のマニアックニヤニヤはきっとコーダーさんが一番楽しめるはず。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ではみなさん。Let’s ニヤニヤ

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」