「さて、間違い探しのお時間です。」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「さて、間違い探しのお時間です。」デザイン好きです。
ユザビリ大好きです
Takumaです。
 

【間違い探し】

1 学力・能力などの状態や度合いを試すこと。試験。検査。「仕事の適性を―する」「知能―」「ペーパー―」
2 事物の良否・性能などを試して調べること。試験。実験。「ブレーキを―する」「―放送」「―飛行」(by Yahoo!辞書)

えーと、遊んでるわけではないのです。(楽しんでるけどw)
WEBデザイナーの皆様。「3分で出来るユザビリ改善」のお時間です。

突然ですが、さてもんだいです。

Q1:どこが違うでしょう?
(※画像にある「1と2」の違いを探して見ましょう)

・・・わからねーよ。
⇒はい、ごもっともです。(Takumaも、ちょっと時間がかかった)

今回の題材は「マージン」ということで、Googleの開発者オフィシャルサイトでのユザビリテストを題材として借りてきました。

さてお答えです。

A:1位表示ページの周りのマージンがSERP2の方が、広い。

でした。このようにABテスト等のユザビリ/ユーザエクスペリエンステストを人知れずgoogleは行っているとの事です・・・きずかねってw

こういう、テスト結果を自分のデザインに反映できたらカッコイイですよね~♪

この他のテストの報告や「stemming(ステミング)」テストというのも行われたそうです。

stemming(ステミング)解説:一部抜粋————-

他には、たとえばswimを検索してもとswims,swimming,swimerなども同じ意味として判断し、強調表示します。

stemmingは同じ単語から派生した単語の違いを取り除きます。
一方で、同じ意味を表す単語の「synonym(シノニム:同意語・類義語)」の強調表示も実験しているようです。

たとえば、”home”と”house”はsynomymです。

————————————————-

うーむ。検索ポータルならでわのユザビリですね。
(さすが、Google・・・)

▼原記事:Search experiments, large and small▼

http://googleblog.blogspot.com/2008/08/search-experiments-large-and-small.html

▼日本語解説記事:海外SEO情報ブログ・メルマガ▼

http://www.suzukikenichi.com/blog/can-you-find-differences/

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」