「Googleさんのストリートビュー+α」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Googleさんのストリートビュー+α」Google技術進歩 早すぎです。
Googleはどこまで行くのだろう。
Takumaです。
 

【GoogleMap】
Google マップ(英:Google Maps、ぐーぐる-)は、検索エンジンのGoogleが提供しているローカル(地域)検索サービス。地図、航空写真、地形の3つの方式で、ズームを調節し、全世界を見ることができる(航空写真については、地図情報を航空写真に重ね合わせた表示と、航空写真のみ表示とで2種の表示方法が用意されている)。アメリカ国内のみ渋滞情報の表示ができ、またアメリカと一部のヨーロッパ地域のみ経路検索もできる。サンフランシスコやニューヨーク、ラスベガスの一部では、主要な道路からの風景を見ることもできる。日本のテレビ各局では、ニュース番組において、事件・事故の現場の位置などを指し示す際、Google マップを引用することが増えてきている。(by ウィキペディア辞書)

というわけで、久々の晴天の霹靂的なインパクトをくらったツールなので、二日連続で調べてみました。

とりあえず・・・・埋め込んでみようか。

■GoogleMapストリービュー写真の埋め込み方■■■■

(1)前日に記載した手順

http://www.takumart.net/wordpress/archives/561

の「どんな機能なの?ストリートビュー」をみながら、まずは埋め込みたい場所へ移動して写真を表示してください。

(2)画面右上の「リンク」という部分をクリックします。
(※画像の丸く囲ってある部分)

(3)すると、転載用URLの書いてあるウィンドウが立ち上がります。
(※画像の四角で囲ってある部分)

(4)ここに書いてある「HTML を貼り付けてサイトに地図を埋め込みます」の下のソースをコピペしましょう。


大きな地図で見る

するとこんな感じになります。

(+α:メールに貼り付け)
「HTML を貼り付けてサイトに地図を埋め込みます」の上にある「このリンクをメールに貼り付けて地図を共有できます」のソースをコピペしましょう。

■公式サイトが出来たみたいです■■■■■■■■■■

Googleさんは「使いたきゃ使え!!ヘルプをみてわかんなきゃ頑張っていじって覚えろ」というツール開発と公開が中心ですが、今回はigoogleぐらい一押しなのでしょう。紹介ムービーまで作っています。

▼オンラインで街を歩こう。Google マップのストリートビュー▼

http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/

んでムービーはこれ。

「Googleのクリス君:人間」が黄色い人のキグルミを着て使い方を紹介してくれます。
(猛暑の中、お疲れ様です・・・クリスの日本語のイントネーションは微妙ですがご愛嬌です)■どうやって撮影しているのかしら■■■■■■■■■というわけで、反響の大きさが凄いGoogleMapストリートビューですが、いろいろ面白い記事が各所で出てきたので、ちょっと集めてみました。▼Googleの駐車場に「Street View」撮影車の大部隊らしきものが準備されていた▼
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070718_google_car/
ストリートビューの画像撮影用の車両達。
これが近所を走っていたら、ピースしてみましょうw

■こんなサービス展開ができるのね■■■■■■■■■

▼お約束な不動産情報連携▼
http://www.trulia.com/

⇒米国ではストリートビューを組み込んだWebサービスも登場している。Trulia.comは不動産物件情報の提供サービスで、実際の物件の周辺状況をストリートビューで把握できるみたいです。

それにも触れている記事がこちら。
▼グーグルが「ストリートビュー」日本版を開始、特定地点の360度パノラマ写真を公開▼
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080805/312222/

Googleの河合プロダクト・マネージャーのインタビューも書いてあるけど、一つの都市の撮影に3~4カ月かかるらしい。大変だ。

それと、その連携の仕方とマッシュアップについての解説は以下の記事にありました。

▼Google Mapsにストリートビューとマッシュアップ・ツール▼
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/05/30/007/index.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

使い方次第では、いろいろリアルと絡めた面白い事が出来そうですね。
ちょくちょくチェックしてコンテンツ企画案とかにアイデアを入れたいなーと思っている今日この頃です。

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」