「日本の卑怯100戦」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本の卑怯100戦」パソコン好きです。
漢字力ちょっと(?)ないです。。
Takumaです。
 
【誤植】
印刷物で、文字・記号に誤りがあること。ミスプリント。 (by Yahoo辞書)

WEB業界はマイナーチェンジが可能なので、そこまでピリピリしない傾向にありますが、
(うん、駄目なんだけどね。本当にね。)誤植が印刷であるともう大変。
WEBで良かったと、駆け出しのころに思いました。

話は変わりますが、家族で学力テスト系のテレビを見てる時。
漢字の問題になると席をはずしますTakumaです。

あるよね。「タイプミス」ってか「誤植」ってか「変換ミス」
時々、思わぬ造語に出会ってしまい仕事にならない位、笑い転げることがあります。

そんな「変漢ミス」の頂上決戦が行われました。

▼秀逸な変換ミスの年間賞は「馬食い家内が象サイズになった」▼
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000912-san-soci

Takumaの超主観でのオススメとしては、

第1位:「馬食い家内が象サイズになった」(うまくいかない画像サイズになった)
⇒尻にひかれるサラリーマンの旦那の悲痛の叫びに聞こえた。

第3位:「日本の卑怯100戦」(日本の秘境100選)
⇒たまにリアルでみかけるので笑えません

第12位:「漁解禁よウニお願い」(了解金曜にお願い)
⇒沢山、おねがい。

第14位:「私魔性」(渡しましょう)
⇒いえるように、なれたら。。。

第20位:「恋人立ち退き説」(恋人たちの季節)
⇒「立ち退き」という響きがリアルでヒット。

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」