「SaaS版Photoshop公開&体験」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SaaS版Photoshop」デジタルデザイン好きです。
Photoshop大好きです。
Takumaです。
 
【SaaS:Software as a Service】
ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とするものだけをサービスとして配布し利用できるようにしたソフトウェアの配布形態。サービス型ソフトウェアとも呼ばれる。ユーザは必要な機能のみを必要なときに利用でき、利用する機能に応じた分だけの料金を支払う。必要な機能をユーザがダウンロードし、自身の端末にインストールする形態のものと、サーバ上で動作するソフトウェアの機能をネットワークを介してオンラインで利用する形態がある。近年では後者の形態が多くなっている。通常のソフトウェアは、あらゆるユーザにとって必要な機能をすべてまとめ、すべてのユーザに同じ機能を提供するようになっている。このようなソフトウェアは、ある1人のユーザにとっては、あまり必要のない機能が多く搭載された冗長なものとなってしまい、必要のない機能に対しても料金を支払っていることになる。そこで、個々のユーザが本当に必要な機能のみをオンデマンドに利用でき、その機能に対してのみ支払いをするSaaSという考え方が登場した。SaaSという用語は、ネットワークを介してソフトウェアをオンラインで利用するという点でASPサービスと似ており、一般的なASPサービスを指す場合もある。
(by Yahoo!辞書)

「SaaS版Photoshop」が公開されました。
簡単に言うと、よっぽどのプロじゃない限り基本的な機能を無駄なお金を払うことなく使えるソフトの様式と考え方で、WEB上で写真加工やお絵かきが出来るということです。

その写真をWEBアルバムとかで公開できるといったサービス。
くわしいお話とソフトの使い心地については以下をみてみて。

▼SaaS版Photoshopがついに公開、早速使ってみた▼
http://www.atmarkit.co.jp/news/200803/27/pse.html

実際は、こちらから登録して使ってみよう!!

▼Photoshop Express▼
https://www.photoshop.com/express/

■ Takumaの感想 ■■■■■■■■■■■■■■■■

Excelを仕事で使っているようなお父さんが、家や出先で子供の写真を加工して友人達に自慢するにはいい感じだと思います。

つまりは
・一般写真編集に必要な最低限の機能揃っている。
(「トリミング」とか「赤め補正」とか「色相:再度:明度」調整 +ちょっとしたエフェクト)

・細かい設定が必要とされず、設定の度合いまでソフト側でフォローしている。
(色相編集等で本記事のキャプチャのように、分かりやすくできている)

・WEBツールなのでショートカットは使えない。
(Ctrl+Zでやり直しとかはできない)

という感じなので普段からPhotoshopを使っている人には、物足りなさを感じるかもしれないが、ターゲットがそもそも違うのでご愛嬌。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このサービスを使った感想としては大きく二つあります。

▼Point1:インターフェース設計面
非常に無駄な要素がそぎ落とされていて、よく出来てると思います。
何よりも、ユーザーの無駄な動きを極限までなくす工夫が細部まで組み込まれている所がすごいとおもいました。
(色調補正とかのスライドバーがあるポイントまで自動でナビするとか)

▼Point2:オンラインサービスとして
近年、Ajaxにてオンライン上でOSもどきを動かしたりしてる事がフォーカスされていますが、完成度的に二つ三つ頭でてると思います。

ローカル上にOSとソフトがある、いままでのクリエイティブソフトのインターフェース設計とオンラインでブラウザを通して行うのがここまで違うというのを実感できる、いい教材だと思います。

Adobe AIRをはじめ、オンラインを利用したデジタルデバイスは多様化を見せ始めているとかんじます。もうブラウザ内でIEがFireFoxがとかいっていられる時代が次にシフトし始めていることを、ベータ開発アプリ各種を見るたびに感じます。

次の時代はどっちだ!!

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」