「Ajax可変レイアウトがアツイ」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「dsGrod1.0」Ajax好きです。
HPデザイン大好きです。
Takumaです。
 

【可変】
変えることができること。また、変わることができること。「―式」←→不変。(by Yahoo!辞書)

Takumaがコーディングをしていた最盛期は
・文字サイズ固定
・テーブルレイアウト
・スペースGIF(1px×1pxの透過Gifファイルの事)
が主流の頃でした。

時は流れ・・・

Ajaxでサイトレイアウトや幅が変えられるようになりました。

▼dsGrod1.0:サンプルHTML▼
http://www.dezinerfolio.com/wp-content/uploads/griddemo/dfFlexiGrid.html#

▼dsGrod1.0:解説(英語)&ファイルダウンロード▼
http://www.dezinerfolio.com/2008/03/24/dfflexigrid-liquid-javascript-grid-layout/

なにができるかというと
・800pxと1000pxと100%の好きなサイト幅が選べる(←これがポイント高し)
・右、左のサイドメニューの有り無し(←これも近年でてきた)
・フォントサイズの変更(←これは結構前からあったけど)

って感じなのですが・・・

ここで、近い将来的にちょっと心配事が。

これらがスタンダード化されるとなると、サイト設計の手間が飛躍に増えます。
・要素策定とプライオリティとのバランス考察
・導線設計とフォロー導線設計の多次元化
・コンバージョンシナリオの多重策定とリスクフォロー

とかとかとかーーーーーorz
(いや、HTMLの本来の成り立ちと近年の傾向を考えれば当然なんですけど・・・)
(やっぱ、こうカッコヨク形になるとスゲーとか思う自分もいるけど・・・)

「覚悟」が必要と感じた今日この頃です。

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」