「アート×ウイルス」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウイルスアート」ウィルス嫌いです。
感染大嫌いってか本当に腹が立つ
Takumaです。
 
【コンピュータウイルス】
他人のコンピュータに勝手に入り込んで悪さをするプログラム。画面表示をでたらめにしたり、無意味な単語を表示したり、ディスクに保存されているファイルを破壊したりする。ウイルスはインターネットからダウンロードしたファイルや、他人から借りたフロッピーディスクなどを通じて感染する。最近ではe-mailを介して感染するタイプのウイルス(ワーム)もある。大抵は使用者の知らないうちに感染する。またウイルスに感染したことに気づかずにコンピュータを使用し続けると、他のコンピュータにウイルスを移す危険性もある。(by Yahoo!辞書)

本格感染はまだないにしろ、ニュースでトレンドマイクロのサイトがハックされウイルス情報ページの改ざんされたりウィルス絡みのニュースをまた最近よく耳にします。

ウイルスと縁の切れない業界でしか稼げない人間に気がつけばなっていました。Takumaです。

早速ですが、とあるニュースのご紹介。

▼コンピュータウイルスから生まれたデジタルアート▼
http://japan.zdnet.com/security/story/0,3800079245,20369452,00.htm

■ 一部抜粋 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

セキュリティ企業のMessageLabsが、ルーマニア生まれのアーティストAlex Dragulescu氏に依頼して、インターネット上のウイルス、トロイの木馬、ワームなどを視覚的に表現する画像を制作した。Dragulescu氏は、MessageLabsからマルウェアのオリジナルコードの提供を受け、各プログラムの詳細な情報を利用して画像を「計算」した。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

うーん。アートっていうアプローチは嫌いじゃないけど
お題がすきになれない。。。

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」