「超エッシャー展(※スーパーエッシャー展)」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「超エッシャー展(※スーパーエッシャー展)」
版画好きです。
エッシャー大好きです。
Takumaです。

【版画】
版を用いて刷った絵の総称。木版画・銅版画・石版画・シルクスクリーンなどがあり、版の形式により凸版・凹版・平版・孔版(こうはん)に分かれる。(by Yahoo辞書)

エッシャー展に行ってきました。

▼スーパーエッシャー展 - ある特異な版画家の軌跡▼
http://www.ntv.co.jp/escher/

まずびっくりの入場45分まち。(←友人が先に並んでくれてたので助かりました。)
入場前に友達との近状報告は全て終了しました。でもその先には!?

小さい時に見た本に載っていた版画が目の前にありました。
(安野光雅『ふしぎなえ』とかもハマってました←当時5才)
よかったです。懐かしい思いにナチュラルハイになっていました。

そのなかで、違和感を覚えたのは錯視の版画でなく
「でんぐりでんぐり」だと思います。

なにかっていうと上の絵にいる変な生き物(←エッシャーのオリジナル架空の生き物)
和訳が「でんぐりでんぐり」はあんまりだろ。。。名前を見た瞬間に商売の匂いが思いっきりしました。

まー。フィギュアの予約はしたのですが。。。(←負けた)
久しぶりに「やられたっ」とおもった今日この頃です。

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」