「幼き日の憧れの危うさ・・・」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特撮好きです。
本当はウルトラマン大好きです。
Takumaです。

【光戦隊マスクマン】
『光戦隊マスクマン』(ひかりせんたいマスクマン)は、1987年(昭和62年)2月28日から1988年(昭和63年)2月20日までテレビ朝日系列で毎週土曜日18:00
- 18:25に全51話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」第11作である。(by
ウィキペディア)

同年代なら、誰でも見ていたはずの「特撮の戦隊もの」
その中に出てくる正義のお兄さんお姉さんに、男の子なら憧れを抱いたに違いない。

最近、Takumaは「YouTube」で懐かしい映像を見ては、干渉にひったっています。
しかし・・・これはちょっとちがう。

▼光戦隊マスクマン OP▼
http://www.youtube.com/watch?v=XtT6pOdGkjs

オープニングで他の戦隊ものを寄せ付けないインパクトに驚いた・・・

「人の体には未知の力が秘められている。鍛えれば鍛えるほど、それは無限の力を発揮する!」というナレーションと共に、筋骨隆々の男が手から発する力で氷を砕く。

「なんのビデオだ!?」

途中の歌詞にも心打たれた

ああ君の肉体は
地上に降りた神秘の泉だ
神の宿む星だ

「なんの宗教だ!!」

こんなやばい歌詞を叫んでいたのか幼き日の自分は・・・と思っていたやさき
もう、おなかいっぱいの自分にとどめの一発
「ラストに長官が浮いたっ!!!!!」

げふっ。もう降参です・・・
マスメディアの恐ろしさを再確認した衝撃映像でした。

P.S
あと気づいたことは、戦隊物の「レッド」は思いのほか、カッコよくない・・・

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」