「秋風に溶けてしまいそう」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「秋風に溶けてしまいそう」
秋の風好きです。
澄んだ空気大好きです。
Takumaです。

【刹那】
《梵kaaの音写》
1 仏語。時間の最小単位。1回指を弾く間に60あるいは65の刹那があるとされる。
2 きわめて短い時間。瞬間。「―の快楽に酔う」「衝突した―に気を失う」「―的な生き方」
(by yahoo辞書)

澄んだ空の下、刹那に思います・・・
風に溶けてどっかに飛んでいきたい。

空気が澄んでいて、雲の向まで「逝けそう」な感覚になります。
(※写真は、そんなイイ感じの本日のおそら)

仕事のちょっとイヤなことなんて「ホント、ちっぽけだよね!!」
とか思いつつ「それやらんと、生活できないのよね」と、会社に向かう毎朝です・・・

最近、ディレクション業が忙しくデザインが切れてなかったので
意地になって休日返上で大手中古自動車取扱店のコンペデザイン切ってました。
外に出す前の社内選考(社内コンペ)で勝ち残り、営業さんからは好評でした(わーい!!)・・・
あーしんど

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」