「バイラルメディアとSNSとスマホアプリと…」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ使ってるとアプリばっか使います。
その中で情報をザッピングする事が多いです。
Takumaです。
 

【バイラル】
バイラルとは、「ウイルス性の」というような意味を持つマーケティング用語。企業の商品やサービスを消費者に口コミで宣伝してもらい、利用者を広げるマーケティング戦略のこと。会話中心だった口コミに対して、バイラルはブログやSNS等の生活者メディアによる書き込みの影響が大きいのが特徴。
(by はてなキーワード)
 


■オープンなウェブから、クローズなプラットフォームへ進むのか…

ちょっと前ですがこんな記事が目に付きました
–参考記事————–
「PCの死」と「平等なウェブ世界の終焉」 ≪ WIRED.jp
————————
この記事をかいている時点で、はてブを698獲得しているすごい記事。

気になったポイントは、
————
・アプリと親和性の高いモバイル機器が主流になるにつれて、古き良きブラウザーが無意味になってきた。
・デジタル世界は、より自己完結性の高い個々のアプリのドメイン内で生じることになる。
・広くオープンなウェブから、半分閉じられたプラットフォームへの移行
・企業にとってはこうしたプラットフォームで収益をあげることが容易だという事実によって、この流れはさらに強固になる。
————


■バイラルメディアってなんぞや…

一方、今年の情報提供コンテンツについて
一部でバイラルメディアなるものが流行るといわれ始めています。
–参考記事————–
2014年に新たな旋風を巻き起こす!?「バイラルメディア」が急成長する理由とは(柴田泰成) – 個人 – Yahoo!ニュース
————————

バイラルメディアなるものは、
————
・動画や画像を中心としたブログ形式のニュースサイト
・Facebook等のソーシャルサイト上での拡散に注力
・短期間で膨大なトラフィックの獲得を狙う
————
という事が特徴だそうです。


■あれっ、既に十分体験済みの出来事だった…

この二つの記事を見てふと思ったのです。

PCを長時間使う仕事柄、ブラウザでの情報収集(まだまだRSS活用中w)も多いのですが、
それ以外の特に通勤時は、様々な記事がザッピングできるので
とりわけ、”はてブアプリ”を利用しています。

アプリ内では、2chまとめサイトのバズった記事がよくセレクトされてまして、
例えば、今日のお気に入りはこんな記事。
–参考記事————–
バブを抱きしめながら入浴した時の「救えなかった」感は異常
————————
電車で笑いをこらえるのが大変だった。(←どうでもいい)

話はそれましたが。

ユーザ側が…
————
一部のユーザが能動的に情報を取りに行く時代から、
多数のユーザが受動的に情報を消化する時代になってくる

→Gunosy等のレコメンドアプリの需要がまさにそうかと
————

当然、情報発信者も…

————
サイトに来てもらうスタイルから、
ユーザの行動範囲(アプリ)に情報が投げ込まれやすいスタイルにして、
投げ込まれた、SNSから客を引っ張ってこようとする。

→2chまとめサイトみたいのが、バイラルメディア形態に徐々にかわっていく?
————
というのは、ごく自然なのかなと。

そして、プラットフォーマーは、
————
googleの広告収益モデルよりも自社のプラットフォームで
広告費用を落とさせたいわけで、ユーザーの囲い込みを強めていく。

→外部ドメインの情報は、アプリ内ブラウザで見せて逃がさない。
————

ふむふむ…

情報を投げ込む方法をコンテンツホルダーの皆様に
ご提案することが、今後のケースとして多くなりそうなわけですが。。。

こんな感じのアプリのタイムラインに
————————

GIZMODO – Hands On: Facebook’s Paper App from Gizmodo on Vimeo.

これがスマホ時代の「新聞」– Facebook がニュースも友達の近況も1つに融合した「Paper」公開 – インターネットコム
————————

「公式ニュースや記事広告」を押しのけて、
「ユーザの家族/友達からの密接な情報」に打ち勝ち、
届けたい情報を手に取らせないといけない訳ですね。

ほんと…

こんなに早く、サイト設計する大前提から見直しする時期がくるとは
iPhone3Gでキャハキャハしてた頃は思わなかったな…

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」