「mixiの友人のメールアドレスから探す機能実装が唐突」

| 3 Comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、あなたのメアドを知っている人が
mixiアカウントが探せるようになりました。
Takumaです。
 

【無断】

相手に断らないこと。承諾や許可を得ないこと。「―で借用する」「―外泊」(by Yahoo!辞書)

 

mixiで、「友人のメールアドレスから探す」機能が実装されましたね。

試しに数件、顔が割れている友人で試用してみたが確かに、見つかる。
「元後輩のテスト用捨てアカウント」も見つかった。

色々な場所で騒がれているが、確かにメアドから、
その個人のプロフィール情報の一部がひもづいて見れるのは、危険性を秘めている。
(各アカウントのトップに学校名とか色々書いている人は、結構やばいかも。)

会社のメアドならさほど問題ない(よね、会社用だもんね)だろうが、

個人のメアドで例えば、
・就職活動:採用担当者の保管情報からの露呈
・複数アカウント:相手によって使い分けてたが、メアドは教えてた場合
・やってないと公言:してたのに、やってたのがバレた。
etc

上記のような事例が2ch界隈で騒がれている。アフェリエイトや個人情報を売り買いする業者が、早々にこれを利用して動くのは、容易に想像がつく。

しばらく様子身みたいとか、単純にやだとかいう人は、
以下の方法で上記機能の検索対象から自分のアカウントを外すことができるそうです。

———————————

■step.1:HOMEのグローバルメニューから「設定変更」をクリック

■step.2:[プライバシー設定]項目内[検索]の「友人のメールアドレスから探す」をクリック

■step.3:[友人のメールアドレスから探す]のラジオボタンを「許可しない」に選択

■step.4:入力の変更を完了させる。

注意文としては《※「許可しない」を選択すると、登録されたメールアドレスを検索対象から外すことができます(既にマイミクシィの場合は除く)。》と書かれている。

———————————

フェイスブックとは、成り立ちもスタンスも違うんだから、無断で突然実装して、デフォルト設定が検索対象フラグが「Yes」とかなってるのは、ユーザー心理考えると、mixiは失策をしたなと思う今日この頃です。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
くまモンを探しています。?関西おもてなし文化を体験!だったはず…?

●んで、一言

熊本県から九州新幹線の2011年3月を控え大阪に集客しにきた、ゆるキャラ熊のプロモーションサイト。どうりで、作りがしっかりしていると思った。

前面にyoutubeとツイッターを押し出した構成。
リアルのキグルミも闊歩しているそうで、見かけたら「#kumamon」を付けてつぶやいて!!という仕組み。会うと名刺がもらえるらしい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

3 Comments

  1. Pingback: Twitter Trackbacks for 「mixiの友人のメールアドレスから探す機能実装が唐突」 | takumaの「デザインはあれでアーã

  2. mixiがメアド検索実装で騒動勃発!! 自動的に検索ONで人間関係崩壊の危機―【私の論評】尖閣問題やwikileaksで情報開示される時代に意識が変わっていない人は、時代遅れ?

    ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

    こんにちは。mixiが目アド検索実装で騒動勃発などと、興味本位の報道もありますが、尖閣問題や、wikileakesで情報が開示される時代に、意識が変わっていない人は、時代遅れであり、ソーシャルメディアなど使う資格のない人だと思います。どうしても、個人情報が漏れることを懸念するのであれば、つかうべきではないし、国勢調査や、しっかりとした筋の医学統計調査まで拒む人は、社会からはみ出て自分だけで生活すべきものと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

  3. >yutakarlsonさん
    あえて、こちらのコメントにつられてみますが、mixiの利用者の大半がこのような機能やその繋がりを前提にしてない点が問題だと思います。
    時代遅れ?というより、作る側の押しつけで選択肢をサービス側が与えても十分な説明と既存のユーザー心理を配慮しないと普通に今回のような中止になるのでは?と思います。
    http://www.j-cast.com/2010/12/03082545.html

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」