「Google Earth+map=ワンストップ地図情報」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google mapよく使ってます。
Google Earth、頻繁には使わないな~。
Takumaです。
 

【Google Earth】
Google Earth(グーグルアース)は、Google社が無料で配布しているバーチャル地球儀ソフトである。2005年6月28日から頒布が開始された。

世界中の衛星写真を、まるで地球儀を回しているかのように閲覧することができる。同様のソフトで、先行していたアメリカ航空宇宙局のNASA World Windとほぼ同様の動作をする。当初は、Windows 2000とWindows XPのみで動作したが、2006年1月10日にMac OS Xに対応したバージョンが公開された。Google Earth 4ベータ版(Ver.4.0.2080)より正式に日本語に対応している。
2008年10月27日、Apple iPhoneやiPod touchなどのiPhone OSに対応した Google Earth for iPhoneを公開した。(by ウィキペディア辞書)
 

いままで、別途インストールが必要とされたGoogle Earth(※PC)。
昨今、インストールでなく、クラウドでのソリューション提供の枠組み作りが進んでいますが、googleが一つ形にしたようです。

▼ピックアップ▼
Google マップ – 地図検索

参考動画は、以下を参照ください。

つまりは、地図の左上の表示モードとして、従来の「地図」、「航空写真」のほか、新たに「Earth」が追加されて、「Earth」をクリックすると、 Google Earthの3D描画された画像が、見れるというインターフェースです。

実際に使ってみると、3Dでのビューとマップ画像の座標がこれだけリンクしているので、便利です。2Dマップと3Dの間に、航空写真という中間イメージ役がいることで、より分かりやすいものになっています。

将来的には、日本の都会等、地下道が多く三次元的な空間が複雑に入り組んだ場所でも、分かりやすくルートが解説されるようになると素敵だと思います。(※現状でもルート検索はできるものの、詳細な建物内や地下などは現実化できてないようです。)

今まで、GoogleEarthを一回インストールしてもあまり見なかった人も、現状まだ少ない3D描画エリアが広がれば、利用機会は増えると思います。確かに、現状のものだと、生活に必須でない感じではありますが・・・

・ストリートビューの更新頻度が増えてきて3Dモデリングとリンクしてくる。
・テキスト広告、アドワーズが、立体映像にレコメンドで組み込まれれてくる。
・全ての更新頻度が増えてくる。(※都市部だけでも)

が現実化してきて、スマートフォンを始めとしたモバイルでの活躍の先に、拡張現実(AR)での広告ビジネスも見え隠れしている気がします。

これが現実化してきたことでRIAが、情報検索性にも柔軟に組み込まれつつある事例として、今後も見ていきたいと思います。いろいろと楽しみです。

■参考記事■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

GoogleマップにGoogleEarthの3Dビューが登場 : ライフハッカー[日本版]
Googleマップに「Earth View」追加、地図の中で「Google Earth」 -INTERNET Watch

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
Onetothree 2010 | A Shanghai based independent interactive studio specializing in advanced web design and multimedia applications.

●んで、一言
上海ベースの独立したWebデザインやマルチメディアアプリケーションに特化した、インタラクティブスタジオさんのサイトです。

開発者には、みなれたキーワードが、座標値と共にポイントとして配置され、その間をラインで結ばれているグラフィック。それによって作られる面も相まって、各グラフィックが独自の形になっています。

各案件での含まれた要素が、そのポイントになっているようですが、
ちょっと案件事例にたどり着くのに時間がかかりつつも、面白いですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」