「Flashを排除する米サイトとiPhoneの影響」

| 0 comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Flashで作られていたパーツ、
AjaxやHTML5の代用が多くなっていますね。
Takumaです。
 

【ヴァージン・アメリカ】
ヴァージン・アメリカ(Virgin America)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州バーリンゲームに本社を置く、格安航空会社である。ヴァージングループによって設立された。(by ウィキペディア)

ヴァージン・アメリカ航空が1日行ったサイトのリニューアルが、ある目的を視野にリニューアルした結果、Flashを排除したことが一部で騒がれていますね。

▼ピックアップサイト▼
Flights from Virgin America | Virgin Flights

その目的とは、iPhoneなどのモバイルデバイスからの閲覧を前提としたリニューアルであるとのこと。

現に、Appleのジョブズも下記のようにグーグルやアドビについて。コメントを発表しています。

▼ピックアップサイト▼
ジョブズ < だからFlashを採用しないのだ | iPhone 3G Wiki blog

Flashについて言及しているポイントとしては、

・Flashを使う人はいなくなるだろうし、世界はHTML5へと移り変わろうとしている。
・MacバージョンのFlashがバギー(バグを多く含み)な実装。
・Macがクラッシュするとき、たいていその原因はFlashにある。

かなり、激しいコメントですね。。。

タブレット型パソコンiPadなどは、不具合の発生や電池の消耗の速さを理由に今後もFlashに対応しないもようだそうです。対応デバイスによりますが、今一度、仕様要件の項目として確認する必要がありそうな今日この頃です。

■参考サイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

航空会社Virgin America、Flash排除&HTML一本化のサイト改装でiPhone対応 | パソコン | マイコミジャーナル

Tech Wave : 米航空のサイトがFlash削除。恐るべしiPhoneの影響力

【やじうまWatch】 iPhoneの影響? 米航空会社がサイトからFlashを削除 ほか -INTERNET Watch

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
Flights from Virgin America | Virgin Flights

●んで、一言

上記の話題の発端ともなったサイトを今回はチェック。

デザイン的には、白ベースにアクセントがレッドのモダンシンプルなデザイン。
パーツレベルでグラデーションを使い、トーンマナー的には多くの色彩要素を入れるのを控えているようです。一部、グラデーションとロゴ等の要素を共存させるために豪快なスライスも見受けられます。

RIA的な表現は少なめな印象もありますが、そもそもキャンペーン的なサイトでないので、コンセプトとしてずれてないように思います。現にHOMEでのメインイメージのスライド領域でもFlashは使用されていません。

でも、PCからの閲覧では一部残っていますね。
Virgin America | Route Map

デザイン的にもセカンド以降の画像領域も少なくなっています。英字なので見た目的にも問題ないように思えますが、日本語で同様の仕様できれいに活字を見せるのはなかなか難しい気もします。

それにしても、今までモバイルとPCのサイトで抜本的に開発用件がデバイス都合で事実上分けられてきましたが、スマートフォンや次世代のモバイルデバイスを考えると、そのグレーゾーンを開発初期に、いかに中長期で予想し定義しないと危険な時代になってきましたね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントを残す

Required fields are marked *.


▲このページトップへ

takumaの「デザインはあれでアートはそれで」